逆算思考

横山信弘さん著書の「絶対達成マインドのつくり方」にある、逆算思考という考え方は、

今までにあるようでない考え方で、まさに、目からうろこでした。

仕事の意味を理解するから仕事に打ち込めるという意味を逆算思考にすると、
仕事に打ち込むからこそ、その仕事の意味を理解することができる。になります。

こうも言えます。
才能があるから仕事ができるのではなく、
仕事をコツコツやってきたから、いつのまにか自分の才能になった。

メジャーリーガーのイチロー選手も上原投手も、
自分に才能があるのではなく、目の前の仕事をコツコツやっているだけだ。と言っていました。

これはどうでしょうか。
「モチベーションがあるから仕事がはかどる」のではなく、
「仕事がはかどればモチベーションがあがる。」とも言えます。

目標を探すためのワークショップにでかけ、
目標が決まったら、行動するための勉強をし、
行動が続かないとモチベーションが無いと思い、モチベーションを上げるセミナーを受講し、
モチベーションが切れると、偉人の伝記を読み漁る・・・

このような、思考ノイズ=あれこれ考えてしまうことにまみれている人が多いかもしれません。
ビジネス書のベストセラーに〇〇の法則や〇倍売り上げる方法などの
ノウハウ本が占めているのがその裏付けです。

思考ノイズはダメだしや批判に代わります。
行動をしない言い訳をするための行動であり、何の役にも立ちません。
行動して結果を出した人が、ダメだしをするようになりたいですね。

絶対達成マインドのつくり方
絶対達成マインドのつくり方

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。