起業も家庭もこなす「スーパーウーマン」はいるのか?

女性の起業家が年々増え続けています。

起業家が増えている要因は、男女平等雇用機会による女性の自立から始まり、少子化、夫の給与減などの様々な社会要因がありますが、ほかにも、マスコミが家事も育児も完璧にこなすスーパーウーマンをフューチャーする事が多いのも要因の一つだと思います。

しかし、現実社会は、夫の給与が減っても相変わらず夫は忙しく、小さな子供を受け入れる託児所や保育園の環境は十分に整っていなく、スーパーウーマンになるには、相当の覚悟が必要です。

男女が平等であり、自立した目標を持ち、社会進出や成功を求める事はとても素晴らしい事です。そこに異論はありません。しかし、社会環境が整っていないのにスーパーウーマンの妄想を抱かせるのには無理があると思います。

欧米や日本で、成功しているスーパーウーマンは、「鉄の女」とか呼ばれていたりしていて、元々強靭な精神力を持っていたり、並外れた体力を持っていたりします。また、そういう人は昔からいたわけで、社会の変化によるものではありません。私の知り合いにもスーパーウーマンのような人がいますが、そんじょそこらの男よりもパワーがあります。

スーパーウーマンを目指して、家庭も精神もボロボロになってしまった人がいます。
逆に、家庭を立派にこなし、無理なく起業している人でイキイキ・艶々している人は沢山います。

男女平等雇用機会という制度(法律)は変わっても、
働く男性を女性が支えてきたという日本文化は急には変わりません。

スーパーウーマンもいいですが、自分らしく・女性らしく生きる事も大切ですね。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。