アイデアが整理できない場合の対処方法

経営は思考の連続です。お金のこと、目の前の契約のこと、社員のこと、それだけでなく、家族のことさえも同時進行で考える必要があります。

起業は生きるか死ぬか、常に真剣勝負です。そのため思考が整理できずに決断が遅れる事もしばしば。
・あれこれ考えて堂々巡りになる。
・考えているうちに思考停止に陥った。
・うまく整理ができずに何もできずにいる。

もやもやした状態が続くと推進力があがりません。出来る限りその場で解決するのが一番です。考えを続けるというやり方はお勧めしません。考えれば考えるほど深みにはまり、堂々巡りになる事が多いからです。

全部書き出してみる

そんな時は、頭の中の事を全部書き出すのが一番の方法です。思っていることや気になっている事、疑問、不満、愚痴をどんどん書きましょう。書くのにためらったり考えてはだめです。これは書く必要が無いかななどと考えてはだめです。

まずは、一度全部出してみよう

整理といえば部屋の整理と同じで、タンスや引き出しの物を一旦全部出すと整理がしやすい事があります。そして、それをしばらく眺めてから整理を始めるのと一緒ですね。

起業家はノートを携帯している人が多い

書き出している習慣をお持ちの方の思考や文章などはすっきりしています。なるほど!と納得できる提案をされる方は必ずノートに書きだしています。起業家は常にノートを持ち歩いています。ベッドの脇、お風呂など、アイデアが浮かびそうな場所に置いておくと良いでしょう。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。