手まめ、足まめ、口まめ、時間は取れますか?

起業されたばかりの方は事業を始めてから手まめ 足まめ 口まめの時間を取れますでしょうか?

ビジネスモデルを作る時に休日を決めますよね。商売の基本である手まめ、足まめ、口まめの時間が入っていない場合が多いです。実は、事業を始める前はまさかこんなにも集客が大変だとは思わない人がほとんどなのです。

※手まめは書いて宣伝する事で、 足まめは歩いて営業をする事、 口まめは直接話して宣伝をする事です。

手まめは今はパソコンを使って空き時間にできますが、足まめは職種や業種によってはその時間を取れない場合があります。例えば、カフェやレストランなどを1人で行う場合は自ら出向いて人と会う時間がありません。こういったカフェやレストランのような場合は、営業活動や情報収集のための時間を予め作っておいた方がいいと思います。

以前、洋品業2代目社長で中小企業診断士の先生がこう言っていました。

得られる情報は移動した距離の二乗に比例する

ビジネスは人とのつながりが大切です。どこかの会合に行くという決め方でもいいし、毎週1回はほかの人に手伝ってもらいその分の給与は予め予算に組み込んでおくと良いと思います。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。