販促や集客の目標数値を決める

販促や集客を成功させるには、第一に目標数値を決めることです。

販促・集客の第一目的は、売上を上げる事ですので、分かりやすい目標は、『売上金額』です。

目標は通常、中期計画を決めて、次に年次計画(4半期計画)、そして、月次計画に落とし込みます。中期計画を決める作業は難しいかもしれませんが、月次計画は必ず決めましょう。

ここでの売上数値は、先日の講義で算出した月次売上額をそのまま使います。最初はざっくりで良いので算出してみてください。

たとえば、客席が15席位の小さなカフェを開く場合、場所代が月10万円で、諸経費は40万円だから、10万円位の利益が欲しいなぁ、ならば「売上は月50万円にしよう!」という感じでかまいません。

しかし、月に50万円を売り上げると言われても、販売/集客活動の経験がない人にとっては、この数字から何をやっていいのかが分かりづらいかもしれません。

そこで、その売上金額を小さく分解して、「いつまでに」「何を」「いくつ」売るかを決めます。

小さなカフェを例にとると、売上が50万円で、客単価500円だとすると、1か月に必要な販売個数は50万円÷500円で1,000ヶになります。

週に1度お休みがあるとすれば、1か月間に26日営業する事になるので、1000ヶを28日で売ればいいのですから、1000÷26=38ヶです。

つまり、このカフェの場合、「1日に500円のコーヒーを38人に売る」というのが目標数値になります。これならば少し販売や集客のイメージが湧くでしょうか。

このように、最初はざっくりでも良いので目標から販売/集客を行う習慣をつけると良いと思います。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。