ショルダーネームの適切な長さは?

ショルダーネームは、差別化のために情報を与えるものです。では、その目的のためには情報を詰め込めばいいのでしょうか?もちろん答えはノーです。なぜノーなのか、ショルダーネームと非常に近い性質を持ち、実際に50字を超える題名を与えられたライトノベルの例を参考にしながら考察していきます。

背景等を把握するためにも、先日の記事「本の題名とショルダーネーム」を是非ご一読ください。

本の題名とショルダーネームの相違点

本の題名とショルダーネームの決定的な相違点は、ファンに呼ばれるかどうかです。本の題名は略称になることも多いですが、あくまで題名がベースとなってファンからの呼称が決まります。一方でショルダーネームはファンとなった常連さんに呼ばれることは非常にまれです。常連さんが非常連さんを誘うときには使われるかもしれませんが、常連さん同士ならば店名が使われます。

このように、本の題名は新規顧客向けにもファン向けにも作られていますが、ショルダーネームは基本新規のみが対象という点が大きな相違点です。

長すぎる題名を付けたらどうなったのか?

長すぎる、というだけで話題にもなるため、一定の宣伝効果があったことは間違いないです。事実、毎年のように長いタイトルのライトノベルがまとめられていますし、以下にあげた参考記事のように、分析の対象にもなっています。このようにして、人目に付きやすいというのは大きな利点だと思います。

参考
本の題名、やたら長くなっているのはなぜ(日経電子版 ことばオンライン 2014.11.12)
タイトルの長いライトノベルまとめ!あらすじから人生相談まで (オレオレ日記 2015.5.14)

ですが、長すぎる題名の場合、グーグル検索で好ましくない結果をもたらします。参考までに「邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか」というライトノベルの検索結果を見てみると、以下のようになってしまいます。

%e9%82%aa%e7%a5%9e%ef%bd%9e%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c

ここまで長いと検索結果に表示されるタイトル文字数制限30字にひっかかってしまいます。右側のマイビジネスの方はもっと制限が厳しいのも分かりますね。こちらに大きく表示したいならどうやら14字以内にする必要がありそうです。

さらに、実際の事例は確認していませんが、「検索結果のページタイトルが書き換えられる理由と対策について(2016.6.7)」によると、長すぎることが原因でページタイトルが書き替えられることもあるようです。

ということで、長すぎる名称の場合、省略されるか最悪書き換えられてしまう事態に遭遇するようです。今後もますますグーグル検索の存在感がますことを考慮すると、あまりうれしい事態ではありません。

そして、世界一長い店名のお店というのがあるようで、「電撃ネットワーク・芸能人・タレント・俳優・歌手・スポーツ選手・文化人・格闘家・プロレスラー・ボクサー・地下アイドル・地底アイドル・作詞家・作曲家・演出家・ジャーナリスト・シナリオライター・写真家・音楽プロデューサー・映画監督・占い師・画家・お笑い芸人・料理人・料理研究家・ウエイター・ウエイトレス・ソムリエ・社長・取締役・部長・次長・課長・係長・主任・主務・主幹・主査・新入社員・赤ん坊・保育園児・幼稚園児・小学生・中学生・高校生・専門学校生・大学生・浪人生・主婦・主夫・アルバイト・パートタイマー・定年退職者・お爺さん・お婆さん・医師・看護師・薬剤師・介護士・弁護士・税理士・会計士・司法書士・行政書士・警察官・消防士・漁師・大工・職人・構成作家・ダンサー・僧侶・自営業・自分探しの旅人・パイロット・キャビンアテンダント・宇宙飛行士・サーファーなど皆さんの為のBAYSEMENT IN MAIDAS~THE ONE~」というのだそうです。こちらを検索すると2016年9月27日現在で以下の様に表示されます。
%e9%95%b7%e3%81%99%e3%81%8e%e3%82%8b%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c

本の題名や店名でここまで長くすることはまずないと思いますが、長すぎると当然の様に弊害が出てくることはお分かりいただけたと思います。もちろん、ご紹介したお店の様に戦略としてつけている場合は別ですよ!特別な戦略には特別な対策もセットのはずですので、例外と思ってください。

ショルダーネームは3単語程度でまとめよう!

ここまで長いものを見てきましたが、「読みにくい」「意味が瞬時に把握しにくい」というのを感じていただけたでしょうか?いろいろこだわりはあると思いますが、ウリの商品・サービスは1単語で分類できるはずです。長すぎるとこの分類が拾いにくいのです。分類が拾えないと瞬間的にイメージがわきにくくなります。世界有数の人材を要するグーグルがタイトルは30字、マイビジネスのタイトルは14字、と決めたのは、このような背景があるからこそではないでしょうか?修飾語などで整えると、キーになる単語はせいぜい3単語程度しか使えません。検索性を高めるためにも、私たちは「ショルダーネームは3単語でまとめよう!」と提唱しています。

投稿者プロフィール

小橋 信行
小橋 信行
品質管理担当/農学博士 品質向上とコスト削減を同時に実現する新手法の開発者 食品会社の経営経験有