一目で意味が分かることが最優先

広告を打つ際に大事なことはなんでしょうか?漏れなくお店の特徴が詰め込まれていることでしょうか?キャッチーなことでしょうか?これまでの私たちの研究の結果、最も大事なことは「理解可能である」ことです。ショルダーネームも広告の一種であるため、この重要事項が当てはまります。

短いだけではダメ!理解可能かチェックしよう!

ショルダーネームを作るにあたっては、いろんな単語を書き出し、組み合わせを考え、さらに前述のように表現をいろいろ試していきます。本当にいいものを作るためには最低でも数時間かかることもざらです。長時間にわたる作業の過程で、よりよくしようということを繰り返していると、いつの間にか意味が分からない文章になっていることがあります。

ショルダーネームは袖看板やネットの検索結果の一部として、自分好みのお店を探しているお客様に触れます。このように探し物をしている人は、多くの場合わずか数秒で次々に候補を探していることが分かっています。つまり、その数秒の間に理解できない場合、読み飛ばされる可能性が非常に高いということです。

いくら長時間考えたショルダーネームであっても、お客様はシビアに判断をされます。読み飛ばされないためにも、ショルダーネームを作り終わった最後に、以下をチェックしましょう。

・一目で意味が通じるか?
・お店を知らない人が見て、どのようなサービスを提供しているお店なのか容易に想像できるのか?

意味が明確なショルダーネームのおまけの効果

明確な意味を持つショルダーネームに惹かれるお客様は、その価値に共感して来店します。興味を惹かれて選んだお店の場合、口コミでその価値について論じる確率が高いことが分かっています。こうして、自店に興味を持つ人の来店が増えるだけでなく、その興味を裏付ける口コミも増やしていくことができるのです。

言葉の世界は奥が深く、いくらでも付加価値を追求できます。ですがあくまで付加価値なのです。キャッチーさ等の付加価値にとらわれ過ぎず、基本である上の2つがクリアできているかチェックしてください。そうすることで、ショルダーネームの持つ効果・価値が最大限に引き出されて長期間集客し続けてくれる働き者になってくれますよ!

投稿者プロフィール

小橋 信行
小橋 信行
品質管理担当/農学博士 品質向上とコスト削減を同時に実現する新手法の開発者 食品会社の経営経験有