ショルダーネームを作った後は?

ショルダーネームを作ったことの効果を骨までしゃぶるには、更なる行動が必要です。新規顧客と売上が増えて満足してしまう方も多いのですが、それだけではもったいないのです。その行動とは、リピートを増やす工夫です。では具体的にどのようにしたらリピートが増えるのでしょうか?飲食店の事例を基に解説していきます。

リピートを増やす工夫はただ一つ、ショルダーネームの通りのお店にしていくことです。
ショルダーネームに採用したお店の売りはせいぜい2~3個のはずですよね?
ですが、メニューを見るとお勧めがいっぱい・・・・もしくはどれもお勧めなのでアピールしていない、ということも多いです。それをきちんとランク分けをして、ショルダーネーム採用のものはお店の看板メニュー、その他のお勧めは看板メニューの次にお勧めのメニュー、その他、と明確にわかるようにしましょう。

飲食店での事例では、ショルダーネームに合わせてメニューも改定することで既存客の売り上げも向上するという事例が多くあります。お店全体で「おすすめ商品」が明確になっていれば、従業員もお勧めしやすいですし、お客様も「せっかくだから頼みたい」という心境になるのは、共感できるのではないでしょうか?

メニュー以外のお店の雰囲気なども謳ってあれば、お店に貢献するにはどうしたらいいのか従業員の皆さんにも自発的に行動してもらえるようになっていきます。程度の差こそあれ、従業員であればほとんどの人がより良いお店にしたいと願っています。ですが、日本文化にある程度なじんでいると、判断を要することは自発的には提案・行動しなくなっていきます。そのような背景があるので、行動の指針が明確で「そうすることがお店のために当たり前」と感じてもらえるようになると、自発的な行動が促せるようになるのです。

ショルダーネームは簡単かつ具体的で分かりやすい文章なので、コンセプトとはまた違った効果を発揮してくれます。是非お店全体の売りが明確になっているか、よりよくするためにはどうしたらいいのか、のチェックにも、ショルダーネームをご活用ください。活用している店舗では、新規顧客だけでなく、既存客にもいい影響が出ています。

投稿者プロフィール

小橋 信行
小橋 信行
品質管理担当/農学博士 品質向上とコスト削減を同時に実現する新手法の開発者 食品会社の経営経験有
ワードプりす
お気軽にお問合せください ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る