弱者のWeb戦略

弱者のWeb戦略のお話をします

ここで言う弱者とは、
始めて間もないお店や企業、
資本や従業員の少ないお店や企業などの
小さなお店や小規模事業者のことをさします。

対して、強者とは、
大手企業や、リーダー企業、市場を専有している企業、
特定市場で半数以上を有している企業などのことです。

弱者と強者では戦略が違います

強者の戦略
・マス
・市場を作る
・総合力
このような戦略です。
事業や広告にお金や人、
知識を大量に投じるイメージ。

弱者の戦略は、
・地域や一部の市場
・市場原理に従う
・オンリーワン
大量に投じるお金がないので、
アイデアや技術力を活かす

この違い、分かりますでしょうか?
つまり、小さなお店が大手企業の戦略を
真似しても効果がない、ということです。

では、弱者のWeb戦略とはなんでしょうか
いくつか例を上げます
・ニッチな市場だけを狙う
・その市場に向けた商品やメッセージを作る
・SEO対策はとにかく量をこなす
・信頼のリンクを沢山得る
・大手サイトを利用する

このような感じです。
特に新しい事では無いかもしれませんが、
いきなり、『グーグル広告』ということに
ならないように、地に足をつけた戦略を
コツコツと続けて行きましょう。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。