Webマーケティングにおけるブランディングとは

Webマーケティングにおけるブランディングとは、Webサイト・商品・人物などをインターネット上で認識してもらうために、顧客に「共感」や「信頼」を想起させ、顧客への価値を高めていくマーケティング戦略です。

単純に企業やサービスの存在を知ってもらうための活動でもありますが、競合するライバルとの差を明確にし、個性をしっかりと認識してもらうことが目的となります。企業側が望むイメージが顧客に定着させる事が目的です。

Webブランディングの基本

ブランディングの基本は、露出を増やすことです。様々な形式を使って顧客にアピールすることでイメージの浸透をはかります。そして、瞬間にインパクトを与える事です。瞬間でインパクトを与えるには「デザイン」や「音」など五感に影響を与える事を重視します。

ソーシャルメディアによるWebブランディング

Webブランディングは何もデザインだけではありません。Webブランディングの一つの手法として、ソーシャルメディアの活用は欠かせません。ソーシャルメディアは注目度が高い上に、情報の拡散が一般的なwebメディアよりも圧倒的に速いです。ただし、ごく一般的な情報の羅列だけではアピールが弱いため、広報担当者にもある程度の個性が必要になります。アピールしたいモノに合わせて活用するメディアを使い分けることも重要です。

ブランディングを学んでWeb集客の質を上げましょう。

注釈

wikipedia ブランディング

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。
ワードプりす
お気軽にお問合せください ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る