アクセス解析でできることとは?

Webアクセス解析とは

Webアクセス解析とは、サイトにアクセスした閲覧者の解析を行うことです。Webアクセス解析では、どこからアクセスして来たか、どういうリンク先から来たか、IPアドレス、時間、回数、ブラウザ、国名などまでを全て把握することが出来ます。また、そのサイトへアクセスした具体的なキーワードを入れてアクセスしたかも把握が出来ます。さらに、時間帯や曜日などの違いによってアクセス数の推移や違いがあるかも、グラフ上で表示可能なアクセス解析ツールもありますので、視覚的に素早く把握できるメリットであり、Webサイトの運営上で非常に役立つものです。

グーグルアナリティクスを使う

Webアクセス解析ツールで代表的なのはグーグルアナリティクスです。グーグールが指定するタグをHTMLに貼り付けるだけでアクセス解析が可能になります。トップページだけではなく、それぞれの階層にもタグを貼ることでどのコンテンツにアクセスが集中しているかや、あるいは、アクセスする人がどういう経路でサイト内見て回ったかを把握できます。アクセス解析を活用すれば、ウェブサイトの人気を上げたり集客効果を上げたりすることに役立てる事ができます。アクセス解析では、運営しているサイトの閲覧者の利用環境や、動向などを把握するのにとても有益です。解析をしていれば、興味本位でアクセスしたユーザー、リピートしているユーザーなどがはっきり把握することが出来るようになります。

Webコンテンツ作りの礎に

これらの解析結果を基に、サイトを閲覧者のニーズに合わせてコンテンツを更新したり、閲覧者の利用環境に適しているサイト構成に修正したり、コンテンツの充実を目指してリニューアルを検討したり、色々な対策を的確に行えるようになります。

Web集客と成約を向上の管理

このような積み重ねがサイトのアクセスアップにもつながります。もちろん、アクセスアップを目的として具体的な対策を練る事もできます。このように、アクセス解析ツールを導入することで、サイトの更新や、集客のための改善において、有効な対策を検討する事ができるようになります。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。