SEO内部対策でやるべき2つのこと

SEOの内部対策で成果を上げるために重要な2つの事をお知らせします。

SEO内部対策1.内部正規化を行う

ホームページやサイトのHTMLソースを最適化する事と、正しいHTMLタグを使用し、アルゴリズムを考慮したキーワードを適度に入れることが大切です。SEO対策でのHTMLソースの最適化は、metaタグを適切に記入することと、h1タグやstrongタグを使い分ける事が大切です。内部リンク数や外部リンク数も過剰にならない範囲内に収める事で高い効果を得てロングテールで活用できます。

SEO内部対策2.キーワード設定を行う

SEO対策では検索エンジンに登録をするキーワードの設定が重要です。競い合いが激しいビッグキーワードを利用しても安定した検索結果上位表示をキープすることは難しくなります。ビッグキーワードとスモールキーワードも選び、競い合いを起こしているライバル会社のmetaタグやキーワードを調査した上で、キーワードの組み合わせを考慮した的確なSEO対策を行う必要があります。

サイトを訪れるユーザーが、キーワードとして日常検索をしている言葉を推測し、サブページやトップページで使い分ける事で無駄をなくしたSEO対策ができます。キーワードは出現率が高くても低くても効果を発揮することができません。

そのためには、ホームページにアクセス解析ツールを設置し、ホームページに訪れるユーザーが、どの検索エンジンを利用してどういうキーワードで辿りついているかを確認し、ホームページやサイトへの滞在時間もチェックをしてどれだけ興味を持っているかという事を調査する事が大事です。

また、同じキーワードを利用しているサイトは相互リンクを募集している事もあるので、積極的に相互リンクを広げて行くことでナチュラルリンクを受ける事も大事です。

SEO内部対策まとめ

効果的なSEO対策を行う事はWeb集客において最重要項目となります。一般ユーザーは検索結果の上位だけで購入先や契約先を決めてしまいう傾向があります。「より多くのアクセス数を得る事」が売り上げに直結します。正しいSEO対策を行いましょう。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。