Web集客を行う上でだいじなこと

これからWeb集客を行いたいという方に、一つだけ大事な事を言います。

販促や集客と言うとインターネットを想い浮かべる方も多いのではないかと思います。最近では、フェイスブックやブログ、ツイッターなどを使って販促や集客で成功したという事例が沢山あるのはご存じだと思います。

一方で、フェイスブックもブログもやっても販促や集客で全く効果がなかったという人も沢山います。どっちが正解なの?と思うかもしれませんが、実は正解どちらでもなく、「正しいやり方でやれば成功する」が正解です。

インターネットの海に飛び込むということ

それは当たり前だ!と思うかもしれませんが、現実は、行き当たりばったりで販促や集客を行っている人が多く、「チラシを配ってクチコミを誘おう」とか、仲間にフェイスブックをやれば集客できるよと言われたら、「よし私もフェイスブックをやって拡散してもらおう」などと、明確な根拠や判断材料が無いものを鵜呑みにしてしまう方が多いです。

どうせ無料だから損はないだろうと思って、インターネットの海に飛び込んでも、荒波に揉まれてしまい、やがて力尽き、結局は無駄な時間を過ごしてしまい力尽きてしまった方を沢山みてきました。

インターネットにはライバルが沢山いる

インターネットは、誰でも全世界に情報発信ができる便利なツールとしてビジネスでも活用されています。一昔前までは、ITに少し強い人だけがビジネスで活用していたので、ライバル(競合)が少なく、ホームページを出せば必ず売れるという神話があったくらいの時代もありました。

しかし、今はそう簡単ではではなくなりました。では、なぜインターネット集客は簡単ではなくなったのか? 答えは、「皆同じ事をやっているから」です。昨今では、ブログやフェイスブックのようにITの知識あまりがない人でも情報を発信できるようになり、利用人口が増えた事で競争が激しくなりました。ホームページもブログも増え続けています。こうなると、インターネットの競争社会で生き残るには他人より秀でていないと成果があがらなくなります。

Web集客の基本を知り、PDCAサイクルを回そう

では、インターネット集客で売上を上げるには、どうするかというと、「PDCA (Plan Do Check Action)サイクルを回す事」です。そして、継続すること。つまり、目標とそこに向かうための作戦を練り、実行する。そして、見直しを行いながら再度実行することです。

PDCAという言葉はどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、このPDCAのサイクルを回し続ける事がインターネット集客でうまくいく近道であると言えます。少し遠回りになるかもしれませんが、先輩たちの教えですのでぜひ実行してみてください。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。
ワードプりす
お気軽にお問合せください ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る