《Web集客Q&A》 ワードプレスとブログサービスは何が違うのか・どちらが良いのか

ワードプレスとブログサービスは何が違うのか・どちらが良いのかという質問をよく受けます。

見た目での判断は難しい

デザイン性が高いブログサイトもあれば、デザイン性の低いワードプレスサイトもありますので、普通のサイトを見せてこっちがブログで、こっちがワードプレスだよと言われても、恐らく違いが分からないと思います。

本格的に活用しているブログとワードプレスを比べると違いが分かります。本格的なブログというと芸能人が使っているようなブログですね。デザインはデザイナーがデザインしていて、機能も最新のものがついている場合が多いです。

一方で、本格的なワードプレスは、企業サイトや、ポータルサイト、ショッピングサイト、更に、ショッピングモール、マッチングサイト、ウィキペディアのような情報サイトなど、日頃お世話になっているサイトが実はワードプレスだったりすることはよくあります。大手企業も使っています。それでは、ワードプレスとブログの違いをまとめましたのでご覧ください。

ワードプレスとブログサービスの違いを簡単に言うと

ワードプレスとブログサービスは簡単に言うと、
・ワードプレス・・・本格的なビジネスに対応ができるブログ
・ブログサービス・・・あくまでも文章や画像などの情報を提供するためのもの

しかし、これだけでは全てを説明しきれていませんので、ワードプレスとブログの違いをできるだけ分かりやすく比較したのでご覧ください。

ワードプレスとブログの比較一覧

項目 ワードプレス ブログサービス
導入費用 無料~ 無料~
必要なもの MySQLが動くサーバー 特になし
Webの知識 ある程度必要 特に不要
デザイン知識 ある程度必要 特に不要
拡張性の高さ
(常に進化する)

(運営会社のさじ加減による)
デザインの自由度
(編集によりカスタマイズ可能)

(運営会社によって制限が多い)
セキュリティの高さ
多言語対応
(対応していないサービスが多い
保守性の高さ
(ただし自分で行う必要がある)

(ほとんどすることはない)
広告表示
(広告は自分の収入になる)

(一部のサービスを除く)
アクセス解析
(自由に導入可能)

(簡易的。一部のサービスを除く)

次に、メリット・デメリットとしてまとめましたので参考にしてください。

ワードプレス導入によるメリット

・半永久的に使える
・広告が入らない
・機能拡張が自由にできる
・デザインが自由に行える
・コンテンツ管理がしやすい

ワードプレス導入によるデメリット

・ITのスキルがある誰かが保守を行う必要がある
・運営が難しくなって外注に至る可能性が高い
・サーバーを持つ必要がある(ごく一部を除き有料)

ブログサービスを利用するメリット

・ずっと無料で行える(一部のサービスを除く)
・ITの知識などがなくてもすぐに始められる
・ブログを書く仲間同士とつながることができるサービスが用意されている

ブログサービスを利用するデメリット

・制限事項が多くやれない事が多い(特にデザインの自由度が低いことからブランディングが難しい)
・企業倒産によりデータが消失する可能性がある
・多くは広告が表示されるのでビジネス等の信用に影響する場合がある

以上がワードプレスとブログサービスの違いですが、どちらも一長一短があるので、どちらが良い/悪いというのはなく、導入する場合は、目的(将来どこまで大きくしたいか含む)と、予算(将来運営費を払うか自分で運営の管理する覚悟があるか)に合わせて検討すると良いと思います。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。