開業開店

コンセプトからのお店つくりがしっくりこなかった方のために、ネクストアクション流ショルダーネームで始める店つくりを解説していきます。ポイントは、「概念」ではなくて、実際に何を出すのか、何をするのか、という直感的にわかりやすいことだけで、コンセプトワークと同じ効果が得られることです。この記事は、主に飲食店を想定して書いていますが、業種の違う方でも十分に通じる考え方です。自業種にあてはめながら読んでいただければ幸いです。 まずはショルダーネームを作りましょう お店を出す方の多くは、自分が一番自信のあるメニューがはっきりしていますよね。そのメニューをTPOに合わせて端的に表現します。袖看板、インターネット向けの2種類を差別化を意識しながら作りましょう。一般的に、袖看板の方が表現が緩く、ネット向けはターゲットをより明確にする必要があります。このことから、飲食店の少ない地域であれば、袖看板には「定食」、ネット向けは「炭火焼手捏ハンバーグ」と変わってもかまいません。 袖看板はインターネット上の情報と比べて、見る人の数が限られるケースも多いため、絞りすぎるとお客様の足が遠のいてしまいます。逆にインターネット上では競合店が非常に多いため、明確に差別化をしないと遠方から集客ができません。 店頭・メニューはショルダーネームに見合うようにしましょう 店頭はショルダーネーム通りに一番のウリの商品が分かる様にディスプレイします。定食であっても、一番のお勧めをしっかりアピールしましょう。また、メニュー構成も店頭のディスプレイ同様に、ショルダーネームに謳ったメニューをしっかり大きく打ち出します。 接客でも、しっかりショルダーネームに謳ったメニューをお勧めしましょう 初めてのお客様にお勧めするべきはショルダーネームに謳ったメニューです。初めの従業員教育ではショルダーネームのメニューについて、初めにお勧めすること、なぜお勧めなのか、他店との違いは何か、しっかり説明できることを目標にしましょう。ショルダーネームをしっかり打ち出している場合は、多くのお客様はそのメニューを目当てに来店されますので、あれもこれも一気に覚えるよりははるかに効率的です。 ここまでは、メニュー重視になってしまいましたが、欧風家具などをショルダーネームに盛り込んだ場合はどうでしょうか?店頭ディスプレイで店内の雰囲気が分かる様にしたり、従業員教育では全家具の知識とご案内前に空席状況を考慮してお客様に選択肢を示しつつのご案内ができるようにしましょう。 季節のアレンジは強みを活かして お客様のリピートを促すためには、季節ごとの取り組みはかかせません。そこでかかせないのは、ショルダーネームに謳ったお店のウリをもう一度考えてみることです。なぜ他店はそれを真似できないのでしょうか?調理法・素材の調達法・インテリアの統一感など、理由があるはずです。お店のウリを支えているものこそ、お店の強みです。この強みを活かして季節のアレンジをしましょう。 初めてのお客様にはウリをお勧めして、リピーターのお客様にはウリを支えるお店のノウハウから作り出したアレンジをお勧めすると、お客様はどう感じるでしょうか?お店全体の統一感をより強く感じて、ますますファンになってくださるはずです。そして、従業員もお店の特徴を説明しやすくなり、料理のお勧めの仕方も自然と工夫されていきます。 最後はUSPにつなげましょう USPとは、お店がお客様に提供する価値についてのお約束です。有名な例は宅配ピザの「30分以内にお届けできなければ無料」です。一時期某ハンバーガーチェーンでも60秒チャレンジと称して同様の取り組みをしていました。あとは最低金額保障や業界最速などもUSPです。季節のアレンジを繰り返すことで、自店はどんなところが一番の強みか、見えてきます。季節ごとにどんなコピーを考えたのか、それらの共通点は何か、1年程度たったら見直してみましょう。自然とUSPが見えてくるはずです。差別化された(ユニークな)ショルダーネーム、略してUSNから、大手企業が必死に磨いているUSPへと自然につながるのは興味深いです。 こうして振り返ると、コンセプトをきちんと定めてお店作りをするのも、USNで始めて季節ごとに自店の軸を見定めていくことも得られる結果は同じようです。どちらも大切なのは軸がぶれないことです。この点にだけご注意いただき、どちらでスタートするかはフィーリング次第!コンセプトでしっくりこなかった方は是非USN作りに挑戦してみてください!...

ショルダーネームやファサード研究用の資料としてご参考にしてください。 都合により全店調査ではありません。撮影店の選択に特に意図はなく、ほぼランダム抽出に近いとお考えください。 撮影日時等の都合により、営業時間外のお店があること、撮影可能位置の問題で若干見にくいものがある点はご容赦ください。 和光市駅周辺の状況 埼玉県南部かつ東京の北の隣に位置していて、池袋・新宿・渋谷にアクセスのいいベッドタウンです。東武東上線・有楽町線・副都心線が通っており、始発・終点設定の列車があること、すべての列車が停車することで、非常に便利がいい駅です。道路としては外環自動車道及びそのICと、川越街道が付近を通っています。また、大きな職場としては、理化学研究所の本所やホンダの複数の研究開発施設などがあります。 駅前周辺だけでもかなりの数の飲食店がありますが、入れ替わりがかなり激しい地域だと感じます。 ファサード・ショルダーネーム資料用写真 駅近くのイタリア料理「陶」さん入り口です。ショルダーネームは「伊料理 南欧 肉菜 魚菜」です。店舗は2階で入り口で確認できるのはここまでです。 駅前ビル5Fの「チキン&お野菜バル 鳥プルA」さんの記載もあるビル前の立て看板です。 駅近くの「のみ・くい処 ちづる食堂」さんです。こちらは道路沿いですが、ちょうど北口と南口の中間で人通りはそれほど多くありません。そのかわり、ファサードの看板は駅南口からよくみえます。 こちらは駅近くですが、住宅街に入った2車線道路沿いにある「お好み焼き 道頓堀 福生れ」さんです。立地的には人通りよりも車の通りが多い場所です。そのため、写真のような道路沿いに多いポール上の大きな看板が目立っています。 こちらは駅近くの道路沿いにある「居酒家 かまどか」さんの入り口です。店舗はビル2階で、撮影時間は営業時間外です。 こちらはかまどかさんの1階にある「「しゃぶしゃぶ」「すき焼き」温野菜」さんと「炭火焼肉酒家 牛角」さんです。左上のかまどかさんの看板は、1本隣の線路沿いの通りのT字路からよく見えます。 こちらは「和風とんかつ けやき」さんです。近くに大型スーパーがあるため、人通りは多めです。 けさきさんと同じ通り沿いにある「大衆居酒屋 大和屋」さんです。抜け道が近くにあるため、けやきさん前ほどの人通りはありませんが、人通りの多いバス通り沿いからも袖看板がよくみえます。 駅近くのバス通り沿いにある「中国料理 永利菜館」さんです。この前は人・自転車・自動車含めて交通量が多いです。 「麺屋 樹真」さんです。駅から少し歩きますが、バス通り沿いで永利菜館さんの前と同じくらいの交通量があります。 樹真さんと同じビルの2階にある「ホルモン焼肉 心福」さん入り口です。 「炭火焼鳥酒房 和光の おっ鳥家」さんのファサードの看板です。駅からはさらに離れますが、こちらもバス通り沿いで永利菜館さんの前と同じくらいの交通量があります。 バス通りの川越街道との交差点の1個手前の交差点にある「中華麺店 高揚」さんです。この日はお盆休みで残念ながら営業していませんでした。交通量は永利菜館さんの前と同じくらいの通行人+3割増し?くらいの自動車の通行があります。 川越街道と並走する2車線道路沿いにある「デカ盛り戦隊 豚レンジャー」さんです。二郎系のラーメン店です。 豚レンジャーさんと同じ通りにある「Bar Casha」さんです。袖看板やファサードによくある看板は見当たりません。営業時間外のためか、お店をアピールする看板類は写真の立て看板しか見当たりませんでした。 川越街道沿いにある「国産牛手切り焼肉 肉の名門 スエヒロ館」さんです。川越街道は写真の外右側に走っています。 川越街道沿いにある「まぐろの がってん寿司」さんです。 川越街道沿いにある「焼肉 冷麺 明成館」さんです。 外環自動車道の上部にある「和食レストラン とんでん」さんです。手前の通りはバス通りです。近くには理化学研究所や税務大学校がありますが、主な客層はファミリー層だと思われます。3世代そろっての食事風景などもよく目にします。 以上、和光市駅周辺の飲食店の外観等の写真をまとめました。 お店のコンセプトや立地によって、参考になる部分は異なりますが、ショルダーネームやディスプレイ等の改善のお役に立てば幸いです。...