WEB運営

Googleは常時SSL化を推奨しています。一昔前はメールフォームやECサイトの申込時だけSSL化を行っていたのが一般的でしたが、企業や一般サイトの常時SSL化がSEO対策に影響を及ぼすことがGoogleより発表されているので常時SSL化を早めに設定する事をお勧めします。今回は、エックスサーバーの常時SSL化についてご説明します。 常時SSLとは 常時SSLとはWebサイトの全ページをHTTPS化(SSL/TLS暗号化)するセキュリティ手法で、主に以下の事が可能になります。 ・サーバー間通信の暗号化 ・ドメインが実在することを第三者が証明できる ・ドメインを取得している企業が実在することを証明できる   このように、SSL化を行う事で、ユーザーの情報を守り、ユーザーに安心感を与える事ができるようになります。 エックスサーバーの無料独自SSL設定方法 エックスサーバーは常時SSL化を無料で簡単に設定する事ができます。設定は本当に簡単です。 1.エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、メニューの「ドメイン」から「SSL設定」を選択します。   2.次に、「独自ドメイン設定」のタブを選択し、該当のドメインを選びます。 3.「独自SSL設定を追加する(確定)」を押して完了です。 「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」のチェックは入れなくてもOKです。 これで設定は終わりです。簡単ですね。   ここで注意なのですが、常時SSLの反映までに最大で1時間かかる事があります。反映を待たずに以下の設定を行うとサイトが正しく表示されません。1時間位待ってから以下の設定を行ってください。 httpsにパーマリンク設定 次に、httpをhttpsに自動で飛ばす設定を行います。 .htaccessの内容を以下に書き換え(追加)します。 [html] RewriteEngine...