.post_excerpt { display: block; width: 120px; white-space: nowrap; overflow: hidden; text-overflow: ellipsis; }

Webアクセス解析

Googleアナリティクス管理者の方には、4月初旬にこのようなメールが届いているかと思います。 タイトル:【ご対応ください】Google アナリティクス データの保持と一般データ保護規則に関する重要なお知らせ   Googleアナリティクスで、2018年5月25日以降ユーザーが設定したデータ保存期間以前のデータはすべて消去される、とのアナウンスです。どういうことかといいますと、Googleアナリティクスでデータ保持期限の設定が追加され、デフォルトでデータ保持期限が26か月となっています。つまり、デフォルトのまま設定を変更しない場合、2018年5月25日以降、26か月前のデータが削除されることになります。2018年5月からEUで施行される個人情報保護の法律GDPR(General Data Protection Regulation)への対策として、このような仕様変更が行われたようです。 「せっかく蓄積したGoogleアナリティクスのデータが消える?」と心配になりますが、データ保存期限の設定を「期間無制限」に設定すれば、Googleアナリティクスにデータを削除されることはありません。会社の方針など特に制限がなければ、無制限に設定してデータが削除されないようにしましょう。 データ保持期限の設定 1. Google Analyticsにログインし、左下の「管理」ボタンをクリック 2.「プロパティ」の中にある「トラッキング情報」をクリックし、展開されるメニューの中にある「データ保持」をクリック 3.「ユーザーデータとイベントデータの保持」メニューが表示されます。 デフォルトではデータの保持期限が26か月になっています。「自動的に期限切れにならない」を選択して「保存」をクリックすれば完了です。 まとめ 設定したデータ保持期限は、2018年5月25日以降有効になります。せっかく蓄積されたデータを削除されないよう、早めに設定しておきましょう。...

直帰率とは「初めてサイト内の ページ に訪問した後に、サイト内の他の ページ に行くことなく離脱した セッション の割合」のことで、Web担当者やアクセス解析の経験がある方なら目にしたことがあると思います。 直帰率はサイトの状況を判断する上で重要な指標ですが、その数値はページの目的によってばらつきがあるので、直帰率だけで一概に数値が高い、低いという判断はできません。ほかの指標と組み合わせて分析することで、サイトやページの問題点を把握することができます。 ※直帰率と離脱率の違い よく直帰率と混同してしまう指標に「離脱率」があります。「離脱」とはユーザーがサイトの外へ離れてしまう行動(ブラウザを閉じる、別のサイトへ移動する、など)のことです。「直帰」も「離脱」の一部ですが、サイト内で1ページしか見ずに離脱した場合を特に直帰と呼びます。 Googleアナリティクス 直帰率の調べ方 サイト全体の直帰率:ユーザー>概要 各ページ(入口になっているページ)の直帰率:行動>サイトコンテンツ>ランディングページ 直帰率×ほかの指標の組み合わせで問題点を把握する 直帰率とほかの指標を組み合わせて分析することで、ページの問題点がわかりやすくなります。 1.直帰率×ページの滞在時間 直帰率が高く平均滞在時間が他のページよりも短いページは、コンテンツの内容とユーザーのニーズがマッチしていない可能性があります。そのページを訪れるユーザーが検索しているキーワードを調べ、ユーザーの求めるコンテンツを検証するなどの対策が必要です。 2.直帰率×離脱率 直帰率が高くて離脱率が低いページは「同じサイトの別ページから流入したユーザーは離脱しにくい」ということになるので、サイト全体の内容は悪くないといえます。直帰率と離脱率の両方が高い場合は改善が必要といえます。 3.直帰率×他ページとの直帰率の差 特定のページの直帰率を他ページと比較することで、問題が特定のページにあるのかサイト全体にあるのかを判断することができます。特定のページが特に直帰率が高い場合は、原因を分析しページの改善が必要です。 4.直帰率×ユーザーのコンバージョン(CV)数 直帰率をCVと紐づけることで、サイト全体のCV数/率を向上させる施策をうつことができます。例えば直帰率が50%のページで、直帰していない残りの50%のCV率が5%程ある場合、直帰しているユーザーを他のページに遷移させるよう改善することでCV数をさらに増やせる可能性があります。逆に、直帰率が80%あるページでも、直帰していない残りのユーザーのCV数が0だったらこのページの直帰率を改善するメリットはあまりないといえます。 まとめ 直帰率はほかの指標と組み合わせることで、Webサイトの状況を判断する材料となります。直帰率の数値が意味するものを正しく理解し、サイトの改善に活用しましょう。...

Google Analyticsは多機能な無料アクセス解析ツールですが、「機能が多すぎて使い方がわからない」「どの項目をチェックすればサイトの改善につながるのかわからない」というWebサイト担当者の方も多いのではないでしょうか。 「まずは自社サイトのユーザー動向をざっくりと把握したい」というのであれば、以下の5項目をチェックすれば十分です。 1.ユーザー>概要 2.コンバージョン>目標>概要 3.ユーザー>モバイル>概要 4.集客>すべてのトラフィック>チャネル 5.行動>サイトコンテンツ>ランディングページ 1.ユーザー>概要 一定期間内にサイトに訪れた人の数を把握します。以下の用語の違いを理解すると状況がよりわかりやすいかと思います。 ユーザー:そのサイトを訪れた人数。例えば1人のユーザが(同じブラウザで)3回同じサイトを訪問した場合、セッション数は3、ユーザ数は1になります。 セッション:サイトに流入してから離脱するまでの一連の流れのこと。1回そのサイトを訪れたらセッション数が1ということになります。操作の間隔が30分を経過した、日にちをまたいだ、参照元が変わった、という場合はセッションが切れたとみなされます。 ページビュー:そのサイトで見られたページの数。1セッションで5つのページを見た場合、セッション数は1、ページビュー数は5になります。 2.コンバージョン>目標>概要 Conversionは「変換、転換」などを意味する英単語ですが、Webマーケティング分野では、Webサイト上で獲得できる最終的な成果を意味します(例:会員登録や商品購入、資料請求など)。コンバージョンは手動で設定が必要です。目標の完了数(CV数)と、目標のコンバージョン率(CV率:期間内の全セッションにおいてコンバージョンが達成された割合)の項目がありますので、両方チェックしましょう。 3.ユーザー>モバイル>概要 ユーザーが使うデバイスを把握できます。mobile(携帯・スマホ)、desktop(パソコン)、tablet(タブレット)、それぞれのセッション数やコンバージョン数/率を表示できます。スマホからのアクセスが多ければスマホサイトを優先的に改善する、セッション数は少なくてもコンバージョン率の高いデバイスがあればセッション数を増やす施策を打つ、といった改善につなげることができます。 4.集客>すべてのトラフィック>チャネル ユーザーがどこから自社のサイトを訪れたか(流入経路)を把握します。検索エンジンから訪れたユーザーとディスプレイ広告から訪れたユーザーではニーズやモチベーションが全く異なり、用意すべきコンテンツも違ってきます。ユーザーの流入経路を把握することはサイト運営に不可欠です。 <主な項目> Organic Search:自然検索。GoogleやYahooなどの検索エンジンから流入したセッション。 Paid Search:リスティング広告から流入したセッション。 Direct:リンク元がない訪問。お気に入り登録していたり、直接URLを入力した際の訪問 Referral:他のサイトからのリンクを押して流入した訪問 Social:FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアから流入した訪問 Display:バナー広告をクリックして流入した訪問 Other:その他の訪問(計測不可など) Organic SearchとPaid Searchの中を見ると、どんなキーワードで検索した人が多いかを見ることができます。Referralの中を見ると、実際に参照元となったサイトのURLを見ることができます。 5.行動>サイトコンテンツ>ランディングページ ランディングページとはユーザーがそのサイトの中で最初に見たページのことです。ランディングページがWebサイトの第一印象を決めますので、ユーザーが最初にどのページを見ているか把握することは重要です。ランディングページを見た後、2ページ目以降にユーザーが見たページを把握したい場合は「行動>サイドコンテンツ>すべてのページ」から見るができます。 まとめ Googleアナリティクスで集計できるデータはたくさんありますが、基本的なアクセス解析は上記のページで十分です。アクセス解析の結果を基にサイトを改善し、本当にユーザーの求める情報を提供するサイトにしていくことが目標の達成につながります。...

販促は、PDCAを回そうというお話しをしました。 P(planning)は計画を立てること、D(Do)は実行することです。 大事なのはCとAです。ここができてない人が多いです。CとAを行う事は一見遠回りのように見えて、成功の近道なのですが、やらない(やれない)人が多いです。 C(Check)で結果の評価を行い、A(Action)で検証と改善をします。結果の評価は、先ほど決めた目標数値に対してどれだけ達成したかです。達成できたならば引き続き同じ販促・集客活動を行えばいいですが、もし未達成であれば、検証を行い、改善する必要があります。 評価は、顧客に直接聞く方法やアンケートがあります。どこで自社(お店)を知ったのか、どうして自社を選んだのかなどを聞く事です。 評価で最も有効なのがホームページやSNSのアクセス解析をすることです。アクセス解析をするには少し技術がいるのですが、顧客の住んでいる地域や、ホームページを見た時間、どこからホームページにきたか、どういうキーワードを使って検索したかなどがいちいち顧客に聞かなくてもデータで分かります。アクセス解析ができれば、サイトだけではなく、販売活動や販売促進にも応用がききますので、アクセス解析を行う事をお勧めいたします。...

Webアクセス解析とは

Webアクセス解析とは、サイトにアクセスした閲覧者の解析を行うことです。Webアクセス解析では、どこからアクセスして来たか、どういうリンク先から来たか、IPアドレス、時間、回数、ブラウザ、国名などまでを全て把握することが出来ます。また、そのサイトへアクセスした具体的なキーワードを入れてアクセスしたかも把握が出来ます。さらに、時間帯や曜日などの違いによってアクセス数の推移や違いがあるかも、グラフ上で表示可能なアクセス解析ツールもありますので、視覚的に素早く把握できるメリットであり、Webサイトの運営上で非常に役立つものです。