コンテンツ・マーケティング

ブログ記事を焼き増しする方法についてあまり教えられていないので記事の焼き増し方法を紹介します。 ブログ記事の焼き増しとは、過去に書いたブログ記事を書き直して投稿する事です。もう一度伝えたい、より多くの人に呼んでもらいたい、内容を更新したいときなどに焼き増しを行いますが、なんといっても、記事の量が増やせるメリットがあります。記事の流入が増えることからSEO対策にもなります。また、市場に興味がある情報に関して知見が深くなるので良い事づくめです。 本の作家も同様の方法を行っています。業界で焼き増しとは言わないかもしれませんが、本のタイトルだけ違って中身はほぼ一緒だったり、図を入れてムック版にしたりして売れた本の焼き増しを行っています。増刷や文庫化とは違います。 焼き増しの方法ですが、最初に、過去の記事の見直しを行います。アクセスランキングTOP10以内が目安です。過去1年間や半年間などのランキングも比較して、もっと深堀したい、記事を更新したいと思った記事を選びます。 タイトルは全く別のものにする方がいいです。視点を変えたりしてワーディングを考えます。本文はなるべく書き直しましょう。例え同じ人物が同じことを言っても全く違う文章になります。コピーペーストをしただけではGoogleは同じ記事とみなされます。最悪はペナルティを受ける場合がありますので注意してください。 文末に、「あわせて読んで欲しい記事」や「関連する記事」と書き、元記事のタイトルとリンクを貼るといいです。その方が内部回遊率が上がりますし、関連の高いリンクが張れるのでSEO的にも有利です。 いかがでしょうか? 記事に困ったらブログ記事を焼き増ししてみてください!...

「ブログを始めてみたが集客につながらない」 「ブログに何を書いてよいかわからない」 とお悩みの方は、「ブログを読んでほしい人」つまりターゲットのイメージが明確になっているでしょうか。ターゲットを絞ることで、そのターゲットを惹きつけるブログ記事の内容も見えてきます。 1.なぜターゲットを絞るのか  ブログのターゲットを絞ると、そのターゲットに向けて書くべき記事内容も明確になります。 企業のブログで「ブログを読んでほしい人」とはつまり「商品を購入してくれそうな人(見込み客)」になります。「ブログで集客する」とはつまり、ブログを通して「見込み客を顧客にする」ことです。 (1)ターゲットの興味を惹く、有益な記事を提供する (2)ターゲットに記事を見つけてもらう (3)継続して有益な記事を提供し続け、ターゲットとの信頼関係を築く (4)資料請求や商品購入につなげる というのが基本的な流れです。 情報が氾濫するインターネット上で、適切なターゲットを惹きつける記事を提供するには、まずターゲット像を明確にする必要があります。「ブログを読んでほしい人」のイメージがあいまいですと、ブログ記事の内容も焦点が定まらずぼんやりしてしまい、読者を惹きつけることはできません。また、ブログの読者が「商品を購入してくれそうな人」でなければ、いくら読者が増えても購入につながりません。 2.ターゲットをどうやって絞るのか リサーチと想像力の両方を駆使してターゲットのイメージを作っていきます。ターゲットの基本的属性はもちろん、ターゲットが抱えているであろう「課題」を絞ることで、書くべき記事が明確になります。 ターゲットのイメージは、一から想像するよりもインターネット上の情報を基にするとイメージしやすいと思います。 ・検索キーワード、悩み相談サイト ・目指す内容のブログやメルマガなど これらの情報から「ブログを読んでほしい人」のイメージを作っていきます。ほかにも、身近で困っている人や自分自身を基にイメージしてみるのもよいと思います。 イメージができたらターゲットの情報をより詳細に絞っていきます。性別・年齢・家族構成など基本的な属性のほか、大事なのはそのターゲットが抱えているであろう「課題」を明確にイメージすることです。ブログを読む、検索するという行動をとる人は、疑問、悩み、不満、願望など何か解決したい課題を抱えていることがほとんどです。その「課題」を明確にイメージし、それを解決するような記事を提供することでターゲットを惹きつけることができるのです。 3.ターゲットは「たった一人の個人」レベルまで絞りましょう 不特定多数に向けた記事よりも、「たった1人の個人」に向けて書いた記事はその分内容が濃く、強いメッセージをもった記事になり、読者を惹きつけることができます。できるだけ多くの人にブログを読んでほしいのに、そこまで絞るのは抵抗がある方もいるでしょう。しかし、あいまいなターゲットに向けたあいまいな内容の記事では、結果的に一人も惹きつけることはできません。逆に、たった一人の個人に向けて書いた内容の濃い記事は、結果的にターゲット以外の人も惹きつける可能性があります。 ブログを書く時は、ブログを読んでほしい「たった一人の個人」が「これは役に立つ」「これこそ私が知りたかった」と思ってくれるような内容を意識しましょう。...

ブログを書いていて筆が止まる事がよくあります。「何がいいたいのか分からなくなった」「自分で読んでいても面白くない」「」といった感じで文章の七割位書いた所で急に筆が止まります。この状態を放置してておくとブログを書かなくなる事にもつながりますのでしっかり対処したいです。   ブログ記事で「筆が止まった」時にやるべきことをまとめました。   1.一度ブログから離れる パソコンを閉じて一度ブログから離れてみましょう。場所を変える、パソコンを変える、1日空けるなどして一度リフレッシュするとまた違うアイデアが湧いてくることがあります。散歩したりお風呂に入るのもお勧めです。   2.調査をしなおす 筆が止まる原因の一つに「情報不足」があります。情報が曖昧だったり、裏が取れていない事象があると、断言ができなくなったり、内容に自信が無くなり筆が止まりがちです。リサーチをやり直すことでまた筆が進むことがあります。   3.誰かに話す 筆(入力)ではなく口にすると文章や言いたい事が整理できます。文字にするのと口頭で話すことではテンポが変わり、言葉がすらすら出てくるようになります。また、相手がいることで伝える意欲が出てきたり、対話を重ねる事で見えてくることがあります。   4.文章を究極に小さくする 文章が長くなると文脈が乱れたり、論旨がずれてきたりします。一度文章から離れて、アウトラインだけにしてみる事をお勧めします。目次のようなイメージです。4コマ漫画のように「起承転結」の4つのアウトラインにすると分かりやすいです。   5.違う記事を書く 上記の4つを試してダメなら違う記事を書くようにしましょう。筆を止めない策です。書いている途中の記事の解決にはなりませんが、ブログを書くこと自体を辞めないように、書ける記事から書くことを止めないようにしましょう。   6.思い切ってボツにする 経済用語で「損切り」という言葉があります。「損して得取れ」という諺(ことわざ)があるように、一時的には損をしても、将来的に大きな利益になって返ってくるように考えます。記事を一度リセットすることでもっと良いアイデアが湧いてくることはよくある事です。一つの記事に固執すると時間や労力を失う事もよくありません。   いかがでしょうか。いずれにしても筆が止まったらパソコンから一度離れてみてください。きっと良い解決策が見つかりますよ。...

企業やブログなどのWebサイトというと、デザインを思い浮かべる方が多いと思いのではないかと思います。 ホームページ全盛期の頃の10-15年前は、確かにオシャレなデザインが流行っていました。大手も小さな企業もこぞって、キャラクターが動いたり、ボタンを押すと音がでたりといったギミックを用いたオシャレなホームページを作っていました。 しかし、最近はそういう凝ったデザインは後回しにして、コンテンツを大事にしようという流れになっています。デザインを先に考えるのではなく、『コンテンツを先に考える』、これがコンテンツファーストの考え方です。 ホームページの第一目的は多くのアクセスを得る事 初めてWebサイトを作ろうとなった場合、写真はどうしようかな、色はどうしようかな、装飾などうしよう・・・と言った感じでインテリアデザインをするようなイメージを持たれている方が多いのではないかと思います。もちろん、そういうイメージを持つことは大事なのですが、企業のWebサイトの目的は「より多くの人に見てもらう事」「見てもらった方にアクションをしてもらう事」です。 星屑のゴミにならないように この本質からずれてしまうと、折角お金と労力をかけて作ったWebサイトが死んでしまい、星屑の中に埋もれてしまいます。デザインにこだわり抜いて時間もお金も投資したWebサイトが一日に1-3のアクセスしかないのはよくあることで、そういうサイトを沢山見てきました。しかも、そのアクセスの半分は企業を相手にしているセールス業者やIT関係者です。「まさか、うちのホームページに限ってそんなことはない」と、たかをくくっている方は未だに多くみかけます。 ホームページを手塩にかけて育てた者が勝つ時代 そもそも、アクセスが無いとホームページは存在していないのと同じです。趣味で友人に見せびらかすだけなら、従業員や株主、顧客に失礼です。 今日、ホームページを公開しただけでアクセスが集まらないという事はご存じだと思います。では、お金を掛けずにどうやってアクセスを増やすのか?、その答えは、『こつこつWEBサイトを育てていく』これしかありません。 ホームページは公開してからが勝負です。植物と同じように、ホームページが誕生した瞬間から、手塩にかけて育てていかないとなりません。最初は小さな芽の状態で、数年すれば花が咲き、多くのお客様を運んできて、沢山の実がなると願って育てます。ホームページと真剣に向き合い、水や肥料を与え、手入れをするわけです。これをしないで放置していると星屑(WEB宇宙のごみ)になります。 手塩にかけないといけない理由は"変化のスピード”と”量の変化” 何故、それほど、手入れをしないとならないのか。理由は大きく二つあります。一つ目は、世の中のIT(アプリやWeb)やマーケティングの流れがすぐに変わってしまう事、二つ目は、ホームページの量が圧倒的に増え続けている事です。 変化のスピード 一昔前、ホームページはパソコンで見るものでした。しかし、モバイルが進化し、移動中の情報収集が進み、短い時間でインスタントに情報を得るようになりました。また、ユーザーの情報収集の方法が多様化してきました。フェイスブックやインスタグラムがその例で、新しいWEBサービスが目まぐるしく変わっています。 そして、市場の成熟化や冷え込みにより、消費者がモノやサービスを積極的に買わないことに加え、アマゾンやUberといったグローバル化の波が日本企業を席巻しています。企業はマーケティングや販売方法の革新が必要になり、手を変え品を変え、休んでいる間もない状態です。 量の変化 ホームページの量が増え続けている事も原因です。ぐるなびや食べログなどのディレクトリサイトの乱立や、無料でできるホームぺージやブログの品質が向上して、誰でも格安でホームページを持てるようになりました。 こうしたことからホームページが増殖しています。研究者がまともに数が数えられない位の勢いで増え続けています。その結果、WEB上に多くの企業が現れ、「検索しても表示されない」といった現象になりました。企業はこうした競争に勝たないとなりません。 モバイル・ファーストからコンテンツ・ファーストへ 更に、ディスプレーが小型化する事でWebデザインの流れが変わりました。モバイル・ファースト・インデックス(Mobile-first Indexing)という言葉をご存じでしょうか。モバイル・ファースト・インデックスはグーグルが推奨している考え方です。下記はグーグルによるモバイルに関する正式コメントです。(参照)。 最近では、Google 検索を使用しているほとんどのユーザーは、モバイル端末から検索を行うようになりました。 中略 来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。 「モバイル ファースト インデックスに向けて」 ウェブマスター向け公式ブログ 2016年11月5日土曜日 要約すると、”ホームページをより軽くしよう”と、”スマホで閲覧や操作がしやすいようにしよう”、そして、”対応しない場合は、検索順位を下げることもある”という事です。具体的には、重たい画像や動画、プログラムは避ける、スマホで無駄なピンチをさせるようなデザインを避けるといった事です。 特に、ホームページのアクセスにおいて、モバイルユーザーがPCユーザーを越したという事と、インターネットの通信速度の遅さや通信料制限があるという観点から、ホームページをより軽くするという命題を突き付けられています。 デザインを良くしてもアクセスは増えないという現実 こうした時代の流れ(Googleの命令)により、情報量(バイト数)が多い画像よりも、情報量が軽いCSSコードによるデザインが主流になってきました。 CSSコードによるデザインのメリットとしては、 1.情報量が少なくすむ 2.変更が容易である 3.デザインパーツを使いまわすことができる点です。 これらのメリットにより、モバイル・ファーストのスマホの対応ができるだけではなく、デザインの速い変化にも追従しやすくなり、また、デザインパーツを使いまわすことができることから、企業の運営側の手間やコストを抑える事が可能になります。 一方、CSSコードのデメリットは、複雑なデザインに対応できない事です。CSSで単純な図形と色の組み合わせまでは表現できますが、イラストや写真のような表現は出来ないため、デザインがシンプルになってしまいます。 『ホームページのデザインにこだわっても成果が上がるわけではない』という理解が進んでいることから、CSSコードによる、よりシンプルなデザインが受け入れられています。 集客・販売 > デザイン 前述の通り、ホームページのアクセス数はスマホユーザーがPCユーザーを越しました。皆さんも、スマホを見ていて、派手な装飾やグラフィカルなイラストが沢山表示されても迷惑に思うのではないでしょうか(デザインやグラフィックが目的の方は別です)。デザインは必要最低限でいいという事が分かります。 デザインに正解はありません。好みも千差万別であり、細かい事を詰めだすとキリがありません。デザインが気に入らないからお蔵入りになったWEBサイトや、社内でデザインが固まらずに公開までに1年以上かかったWEBサイト、重箱の隅をつつくように色や余白にこだわり、ろくにプロモーションを行わない担当者を弊社はたくさん見てきています。 もちろん、見た目は大事です。プロモーションの要素においてデザインは重要な役割を担います。しかし、デザインに時間とお金をかけるべきかという費用対効果を考えないとなりません。売上が無ければ企業活動は停止し、ホームページも不要になります。そうなれば、何のために見た目をこだわっていたのか分からなくなります。 コンテンツ > デザイン ネットを使って、効率よく集客や販売、ブランディングの成果を上げるにはどうすれば良いかと考えられたのが『コンテンツ・マーケティング』です。 コンテンツ・マーケティングは数年前から欧米で始まった考え方で、企業の一方的な売り込みではなく、読者やユーザーにとって価値あるコンテンツ(主に、ブログやソーシャルメディア、画像、ビデオなど)を制作・提供を行うというマーケティング手法の一つです。 膨大な文字情報を提供する事で、自然的なSEOが期待でき、ホームページのアクセスが増え、価値のあるコンテンツを提供することで、企業のファンが定着しやすく購買欲にもつながるというメリットがあります。 もう一つのメリットとしては、コンテンツは情報資産の蓄積ができる事です。有料プロモーションや外部SNSを使ったプロモーション活動はインパクトはあるものの、情報が消失する場合がほとんどで、広告にお金や人材を投資できない企業は継続が困難になり、資産が目減りしてしまいます、その点、自社サイトに情報を蓄積・公開していれば、宣伝や販売の情報が蓄積されるので、顧客獲得や育成において都度やりなおす手間やお金がなくなるという訳です。 このようなマーケティングの考え方から、コンテンツ・マーケティングを取り入れている企業がWebの世界で強くなりました。コンテンツの方が大事だから”デザインは二の次でいい”という企業が増えている実感があります。我々が親しんでいるフェイスブックもYahoo!もNaverまとめも、デザインはシンプルです。凝ったデザインはほとんど無いと言ってもいいと思います。 ホームページ公開時は白いキャンバスでいい 弊社のクライアント様に「デザインは基本を押さえていればOK」「将来儲かったら立派なデザインにするから」という方がいらっしゃいます。全体の2,3割なのですが、こうした方々はだいたい成功している方が多いです。もしかしたら、既にホームページのデザインで失敗している方が多いのかもしれません。 起業したての頃はデザインにこだわる人が多いです。以前勤めていたホームページや大手企業のホームページのデザインが標準になっているからかもしれません。しかし、起業したての頃は、やってみないと分からないことが多いので戦略やプロモーション、ブランディングが変わる可能性が高いです。極端な話、子供向けのサービスとしてプロモーションを行って、蓋を変えてみたらシニアの人だけにしか興味がないといった事が分かり、顧客ターゲットを180度変えないとならなくなるケースが起こります。そうなると、折角時間と労力をかけたデザインが水の泡となってしまいます。また、なかなか顧客が定着しない時期は、ターゲットが違うのか、価格がまずいのいか、売り方が良くないのかなどと迷走し、そのたびに、デザインをかえたりする場合が多いです。 コンテンツ・ファーストを実行した企業が勝つ ホームページをこれか作ろうとしている方やホームページのデザインで時間と労力を使っている方は、ホームページのデザインにこだわるのはやめて、潔く、白いキャンバスと企業ロゴだけにする事をお勧めします。 デザインにこだわっていた時間と労力をマーケティング活動に宛て、自社の価値を磨き、マーケティングの資産を構築していく。これが弊社が考える『コンテンツ・ファースト』の考え方です。コンテンツ・ファーストを実行した企業が勝つ時代です。弊社はコンテンツ・ファーストの考え方を推進し、企業支援を行っていきたいと考えます。 最後までお読みいただきありがとうございました。...

アンケート回答内容 [su_accordion] 1.記事の内容 いくらデザインが良くてもコンテンツがわからなかったらページに滞在してくれることはない いくら見栄えが良く、また、最新の内容でも、記事が面白くなければ、読書ははなれていくから インパクトのある内容の記事をターゲットとなる顧客に伝える事が大事だと思います。 オリジナルな文章となるように心がけている。 かつてのSEO対策はむやみにキーワードを並べるだけのものが目立ちましたが、現在は内容も重視されるようになっているので。 [su_spoiler title="もっと読む" style="fancy" icon="plus-square-1"]   サイトの閲覧者に一番アピールできるポイントは記事の内容だと考えるから。 デザインよりも記事の内容をチェックする人が多いと思うから。 ネットというのが「玉石混淆の集合知を電子化したもの」であるとすると、読み手の都合を考えれば「内容勝負」であることは最初からわかっているから。別な書き方をすれば、人は「意味のないものに価値は見いださず、価値のないものに意味はない」と考えるため。 まず内容有りき。内容が面白くなければ意味がない。 やはり見に来る人に取って役に立つような情報配信が大事だと思うから やはり内容がつまらなければリピータが来ないから。 やはり内容が良くないと観覧する人が少ないと思います。 より充実した内容の記事を掲載することで、サイトの閲覧者を満足させることができるから。 リピーターを増やしたかったので、できるだけ良い記事を書こうと心がけた。 一度だけ見てくれればいいサイトではなく、定期的に訪れてくれるユーザーを獲得したいので、記事自体に価値がないと意味がないため。 一番のSEO対策はサイト内のコンテンツの充実だと考えているので、独自性のある記事を作成するように心がけている。 一番大切なことだと思うからです。 可能な限り面白い内容を提供し続けなければサイトにアクセスしてもらえないから 記事の内容が充実していないと、誰も見ないから。 記事の内容が濃くないと、アクセス数が増えないと思ったから 記事の内容が薄いとSEO効果が得られにくく、顧客様の反応も薄くなるため。 記事の内容が面白ければ、サイトの閲覧数が増えておのずと検索上位に上がるから 記事の内容でどれだけ集客出来るかが決まるから 記事の内容によってサイトを、覗いてくれる人が増えたり減ったりするからです。 記事の内容の中身が最も大切なので。 記事の内容をしっかりするようにしています 記事の内容をしっかり書くことを重視してます 記事の内容をまず充実させることが必要と考える。 記事は人が必ず見るので、とても大切になってくるからです。 興味をそそる記事でないと誰も見てくれないから。いかに興味をひく内容であるかの見極めが必要。 興味を持ってもらえるような内容が必要だから 検索して欲しいキーワードを記事内に盛り込むことで、順位が上がったため。 見ていただく人の立場になって考えると内容を見やすくかつ身近なものをとりあげていくことが大事であると思った。また簡単明瞭な内容で人を引き付けることができると思う。 更新頻度も高いに越したことはないが、やはり検索されやすい内容、キーワードを含んだ記事の方が、長い目で見ると効果があると思うので。 今みんなが気になることや、記事の内容から検索に引っ掛かりそうな内容を書いたりしてるから。そちらの方が人が集まることが多いから。 自分が書いてて面白いことが一番重要。 自分の責任の下で判断できるから。 社会人の興味や関心を集める内容の記事にしたい。 主な更新が直近のお知らせばかりでして、更新するのが精いっぱいになっています。 新しく記事を追加するときは、記事の内容を最も重視して書いています。 人の目を引くデザインも大事ですが、最終的に買ってもらうためには内容が最も大事だと考えます。 相手が読みたいと思うような記事を書きたい 多くの人が興味を持つ内容だと閲覧数が増えるし、話題になりやすいから。 多くの人にみてもらえるように、いろいろ、とりくみます。 多くの読者に読んでもらい、アクセス数を上げるため 中身のある内容が一番良いと思っているから。 中身の無い内容に需要はないと考えているため。 伝えたいことがあるときは追加しますが、何もなく意味のないようなことをあまりダラダラとは、書かない方です。 伝えたいことを詳しくそして、簡潔にまとめることにより分かりやすくするため。 伝わりにくいと、順位だけあがっても意味がない 読み手に対してのメリットが重要だからです。 読む人に伝わりやすい文章にする。 読んでもらう人に飽きずに、おもしろく読み続けてほしいから。 内容がしっかりしていれば、顧客が安心してアクセスしてこられるから。 内容がないとサイトとしての存在価値がないので。 内容が興味をひけば効果的だと思ったから 内容が良ければ良い評価をしてくれる人がリピーターになってくれるからです 内容の無いサイトは閲覧者にとって時間の無駄でしかない 内容をしっかりしてページセッション時間が上がるとseoが強くなってる感じがある。 必要とされている、あるいは一般受けするような情報の提供が結果的に閲覧数や訪問者数の増加に繋がると考えているから。 面白くないと読む人はいないと考えるから。 量より質。正確な情報を伝え、常連をふやしたい。 [/su_spoiler] 2.記事数と更新頻度 いくら魅力的な内容でも、更新が途絶えていると客足は遠のく。ページのデザインは見る側に見やすければいいのでは。呟きでも写真一枚でも定期的な更新が一番リピーターがついてくれる。外側だけ凝っていて中身が薄いとすぐ飽きられる。 キーワードとそれに関係する文章が大事だと聞いているから。 サイトは飽くまでも静的なものであるが、唯一日々動的と見えるのがブログやそのサイトに関連した情報記事であり、その内容如何が有用なものであれば顧客獲得にも繋がる。更新頻度についても毎日投稿、決まった時間に投稿が望ましい。 ずっと更新がないと飽きる。更新頻度は高い方がいいと思う。 とにかく細めな更新を心がけています。閲覧者を飽きさせないことです。 [su_spoiler title="もっと読む" style="fancy" icon="plus-square-1"] なるべく豊富な記事と更新頻度があると人々の目にも止まり易いから もちろん記事の内容も大事ですがあまり更新しないサイトは情報が古いということと同義なのでそういう意味では更新頻度が重要かと感じます。 一番簡単に行うことが出来るからです。 記事が何カ月も前のものだと参考にならないので。 記事が新しくなければ見る人の興味も薄れてしまうから。 記事数に比例してpv数が増えていった。 記事内容も重視するが、記事の数と更新頻度が高くないと見てもらう人に飽きられてしまう。 結局更新頻度の高いサイトの方が、他のどんなSEO対策をするよりも検索順位を上昇させる効果がある事が分かったから。 検索エンジンから更新している活発なサイトと評価されるために、サイト更新頻度を意識的に多くしてGOOGLE等へのPING送信回数を多くしています。 見る人に新鮮なイメージを与えたいから。 更新がきちんとあることがリピーターをつかむことにつながると思うので 更新が多いと、その分、人に見てもらう回数が増えるから 更新のスピードとタイミングによってアクセス数が変わるため 更新回数が多いと検索に引っかかりやすくなるとネットなどで読んだので、更新回数は気にしています。 更新頻度が下がると明らかにアクセス数が落ち、また常連も見に来なくなることが実感できたため。 更新頻度が高いほど、サイトを見に来てくれる人が多くなると考えるから。 更新頻度が多い方が見る回数も増え順位も少しは上がるから。 更新頻度でコンテンツが充実していると判断されているため。 始めたばかりなので、最低限、更新頻度を上げる努力をしている。 常に記事を更新することでアクセス数が増え情報を認知してもらえる 常に更新されていて最新情報が手に入る。 新しい記事の掲載と更新をこまめにやる事にしています。 数が多ければ多いほど情報も増え、また更新頻度を上げればそれだけ見に来てくれる方が増えるからです。 長い間更新されていないホームページは、自分でも定期的に見る気はしない為。 定期的なページボリュームの増加と重複しないテキストで大概は評価されると思われるため。 定期的にこられる方もいるので、2.3日に一度は何らかの記事を更新したいから。 有用な記事をできるだけ多く、定期的にアップしていくことが究極のSEOだと考えている。 [/su_spoiler] 3.ページのデザイン お客様からみて、デザイン性は重要視すべきだと思うため。自分が顧客の立場として、デザインで惹かれることがある。 ゴチャゴチャして読みにくかったら、その後の訪問者数に期待できなくなってしまうから サイトの内容上、デザインが一番優先されるため。 デザインが見にくいと、いくらその内容がよくても見る気になれないから。 [su_spoiler title="もっと読む" style="fancy" icon="plus-square-1"] デザインによって見る人の気持ちを引き立てると思うからです。 ページのデザインが悪いと見ずらくなるので。 ページのデザインが良いと、第一印象が良くて印象をもたれやすいと思う ページのデザインは、見た目や見易さといった閲覧者への最初の接点になるため ページのデザインを充実して欲しいです まずは内容よりもインパクトで目を引き付ける必要があるから まず相手の目を引くことが重要だと思うから。 やはり見た目が大切だと思ったから やはり見た目の第一印象が肝心だと思う。 一番最初に惹き付けることが大事と考えている 楽しんでサイト運営をしているので、デザインを最も重視します。 記事の内容はもちろんだが、やはりデザインが独特だったりするとちょっと見てみたくなるというのがあるため 記事の内容も大事だけど見た目が良くなければ見てもらえないので 記事の内容よりも、まずはデザインで人をひきつけないと読んでくれないから。 見やすくないと誰も読んでくれなさそうなので。 新規ビューを増やすにはやはり第一印象が重要であると考える。 内容が良くても第一印象のイメージで読む気が変わると思うから [/su_spoiler] 4.情報を伝える人のペルソナを考える どんなひとを対象に記事を書くかを考えることは重要で、そうでなければ独りよがりな文章でただの愚痴みたいになってしまうと考えています 閲覧する相手の年代や価値観や志向を考え、満足を得てもらえるような記事を掲載することでアクセスアップにつながるから。 情報を伝えたい人・対象によって、記事の内容や表現法も異なるため。 伝える人の年齢層などターゲットを絞ることが大切 利用者の属性を考えることがもっとも大事である(開設していたサイトは女子高生を中心の利用者と考えた携帯電話サイトである)。最初はデコメや着うた着メロ中心だったが「恋愛に関心があるのでは」と考えて恋愛ゲームを集めたページを試しに作ったところアクセスが急に増え収入も徐々に上がった経験がある。利用者の身になってサイトを作ったり文章を書くことが大切。 [/su_accordion] 調査背景 企業のWeb集客は、コンテンツを重視する流れになっています。そのような中、サイト運営者が意識しているポイントは何か、また、その理由などを知り、企業におけるWeb集客の改善に貢献することを目指しております。 データの引用・転載時のクレジット表記について 本調査結果の引用・転載の際は、必ず「株式会社ネクスト・アクション」という記載、ならびに、Web媒体の場合は当サイトへのリンクを明記くださいますようお願い致します。 リンク URL:https://next-action.co.jp/blog...

当サイトに投稿された質問にお答えします。 「被リンク対策で検索上位が狙えますか?」という質問です。 結論からいうと、正しい方法で行えば効果はあります。被リンクが増えるということは、サイトが外部から評価を得ているという判断材料の一つなので、サイトの価値を高めるためには必須とも言われていることです。
重複コンテンツは検索エンジンからペナルティを受けると聞きましたが、重複コンテンツとその対策を教えて頂けますでしょうか。

SEOにおける重複コンテンツとは

重複コンテンツとは、一般的にWebページの構成や記載されている内容など、情報が完全もしくはほとんど同じ状態のコンテンツの事です。Webページは、書籍などと異なり、同一のコンテンツが複数存在していてもその価値が低いと判断されやすく、検索エンジンの結果から除外されたり、悪意がある状況ではペナルティを受けてしまう可能性も考慮しておかなければなりません。
ロングテールキーワードを使って検索上位になったけどアクセスが増えていないのは何故でしょうか?

ロングテールキーワードにこだわりすぎていないか

まず、ロングテールキーワードは一般的にはあまり検索されないワードだという事を意識しておくことが大切です。したがって、SEO対策を行って検索上位に上げたとしても、サイト自身に魅力がないとなかなか一定以上に閲覧数は増えていかないという事は良くある話です。
Webコンテンツを作る際は、無意識に他のサイトから文章を引用していたり、どうしても競合のものと似てしまう可能性もあります。それがつもり積もって知らないうちにgoogleからペナルティを受ける可能性があります。

パンダアップデートとは

他のサイトのコンテンツをコピーしただけの役に立たないサイトや、ユーザにとって価値のないサイトなどの質の悪いコンテンツを検索結果上位に表示させないためのGoogleの検索アルゴリズム・アップデートの事をパンダアップデートと呼びます。

無料ブログは「無料」である理由を理解する

最も多く受ける質問です。本格的な集客を期待するならば有料のサーバーを借りる事をオススメします。技術的なこと(デザインや文章のことではなくプログラムや機能のこと)なのですが、そもそも、FC2やアメブロなどのブログサービスは、プログラムとしては「できあい品」なので、本格的な集客は期待しない方がいいでしょう。

Web更新は多ければ多いほどいい?

更新頻度は一般的には多ければ多いほどいいと思います。閲覧数の多いサイトというのは、気づくと更新されていることが多いものです。見るたびに有益な情報が掲載されているとなれば、その閲覧数もおのずと増えてくるものです。(だからといって文章や内容を考えずに取りあえず文字やキーワードを増やす事だけに意識するような更新は逆効果になりますのでご注意ください。)
パイレーツアップデートとは何でしょうか。また、対応はどうすればいいですか?

パイレーツアップデートとは

パイレーツアップデートとは、Googleが、著作権を侵害しているWebサイトの検索結果におけるランクを下げるなどの評価や判断手法を改定する事です。(パイレーツは盗賊ですね)
パンダアップデートとは、主に、品質の悪いコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするためのGoogleの検索アルゴリズム・アップデートの呼称です。 例えば、内容が一貫されていなかたり、意味をもたない文章だったりするページやサイトが対象になります。ページ数の少ないサイトでその一部分だけを更新していたり、テーマに一貫性のないサイトもパンダアップデートと見なされる傾向にあります。 通常のコンテンツを作成する際はあまり気に無くていいですが、SEO対策やサテライトサイトの制作を積極的にされている方にはパンダアップデートの注意が必要です。個人/自社でSEO対策を行う場合は、以下の点にご注意ください。
Jimdoとワードプレス、どちらも個人からビジネスで本格的に利用できるブログなのですが、どちらが集客に効果があるのでしょうか。 どちらもメリットとデメリットがあるので好みは分かれますが、ウェブサイトの本質は中身、つまり、コンテンツにありますので、どちらのCMS=入れ物を利用した方が集客に有利というものはありません。つまり、どちらの仕組みを選んだとしても「内容次第」ということになります。