SNS活用

Facebookページによるマーケティングは低コストで手軽に始められる一方、成果を出すためには指標やユーザーの反応を見ながら改善を積み重ねる効果測定が重要です。Facebookページ効果測定のポイントについてまとめました。 Facebookページ効果測定で使われる主な指標 Facebookページへの「いいね!」数(ファン数) Facebookの「いいね!」には、投稿への「いいね!」とFacebookページそのものへの「いいね!」の2種類があります。Facebookページそのものへ「いいね!」すると、そのユーザーのニュースフィードにFacebookページからの情報が表示されるようになります。 リーチ(数/率) リーチ数とは、投稿がユーザーのフィードに表示された数を表します。リーチ率は「リーチ数/ファン数」で求めます。投稿の質が悪いと、ファン数は増えてもリーチ率が下がる傾向にあります。 エンゲージメント(数/率) Facebookでエンゲージメントとして判断されるアクションは、「いいね!・コメント・シェア・クリック」です。エンゲージメント数は、Facebookページに対するユーザーの好意の指標になります。エンゲージメント率は「アクション数/リーチ数」で算出します。エンゲージメント率はユーザーに好まれる投稿を考える重要な指標になります。 一般的には、エンゲージメント率が10%を超えればユーザーとうまくコミュニケーションがとれている、「盛り上がっている」ページといえます(ページの規模によりますので、あくまでも目安です)。 トラフィック流入数 ユーザーが広告や投稿に付いているリンクを通して企業のHPなどにどれだけ誘導されたのかを表す指標です。 Facebookページ運用の目的に合った指標を選択する まずは「Facebook運用の目的」を明確にしましょう。「ブランド認知度の向上」や「ユーザーの購入意欲の向上」など、企業により目的は異なると思います。そして「目的が達成できているかどうかチェックする値」を効果測定の指標として選択します。 ・ブランド認知度を拡大したい→「ファン数・リーチ数」 ・顧客ロイヤリティを向上させたい→「エンゲージメント数/率」 ・サイトへのアクセスを増やしたい→「トラフィック流入数」 まとめ いかがでしたでしょうか。Facebook運用で成果を出すには、運用の目的を明確にし、効果測定で目的の達成度合いを定期的に測るきめ細やかな運用が必要とされます。効果測定は週次・月次など決まったタイミングで実施し、その都度数値を分析して次の投稿の企画に活かすようにしましょう。...

複数のSNSを運用して集客に活用している企業や店舗の方も多いと思いますが、やみくもに毎日投稿しても集客にはあまり効果がありません。それぞれのSNSの特徴をつかみ、自社のイメージや投稿したい内容にマッチする媒体を選んで投稿することで、効果的に自社のファン(見込み客)を獲得することができます。代表的なFacebook、Instagram、Twitterのポイントを以下にまとめました。 Facebook Instagram Twitter メインユーザー 30~40代のビジネスパーソン 10~30代の女性 10〜20代の若年層 フィードの仕組み アルゴリズムにより時系列で表示されない アルゴリズムにより時系列で表示されない 時系列 投稿が届く範囲 友達・友達の友達 フォロワーのみ リツイートにより不特定多数に拡散 Facebookには、ビジネスパーソンに好まれる質の高い情報を投稿する Facebookの特徴の1つは、フィードが時系列ではなく、エッジランクというアルゴリズムでユーザーの興味関心が高い順に表示される点です。エッジランクを高めるには、投稿に対する「いいね!」やコメントなどのリアクションをより多く獲得する必要があります。 リアクションを獲得するには、投稿の質を上げることが最も重要です。Facebookは友達だけでなく仕事関係者とのコミュニケーションにも多く利用されますので、ビジネスに関する有益な情報や、友達登録している人たちの役に立つ質の高い情報により多くリアクションされる傾向があります。このような記事を継続的に投稿することでリアクションを獲得し、さらに多くのファンを獲得することができます。 Instagramは質の高い写真で企業や商品の世界観を表現する ユーザーを惹きつける写真を継続して提供できる、写真で企業や商品をアピールしたい、という場合はInstagramが適しています。写真を使って企業や商品の世界観を上手にアピールすることが、ファンの獲得につながります。 Instagramでは投稿にリンクが貼れないため、商品やキャンペーン情報の投稿はあまり適していません。告知文を挿入した写真を多用するのもInstagramユーザーには好まれません。SNSは一方的な告知の場ではなく、あくまでもコミュニケーションツールですので、オシャレ、楽しいなどユーザーの視覚に訴える質の高い写真を使ってファンを獲得していくことが重要です。 Twitterは質よりも量を重視、旬の情報を瞬時に広める 他の2つにくらべて拡散力が高いのがTwitterの特徴です。FacebookやInstagramで情報が伝わるのは「友達の友達」やフォロワーまでですが、Twitterはリツイート機能により不特定多数の人へ瞬時に情報を広げることも可能です。情報の流れが非常に速い媒体なので、販促情報など一時的な情報を提供する機会が多い場合はTwitterを活用しましょう。 Twitterでは投稿が時系列に並ぶため、投稿のタイミングと量が重要です。投稿のインパクトやおもしろさなど質ももちろん大事ですが、質にこだわりすぎるよりも「量」を重視して露出機会を増やすことでより多くのユーザーに情報を提供することができます。最低でも1日2~3回の投稿が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。それぞれのSNSで投稿の伝わる範囲、表示の順番、ユーザー特性などに違いがあります。投稿内容に合ったSNSを選ぶ、同じ内容をそれぞれのSNSに合わせてアレンジして投稿するなど、特徴を理解して上手に使い分けましょう。...

Webサイトへのアクセスを増やすために、SNSと連携させることは効果的ですが、注意すべきことがあります。

SNSで爆発的閲覧数に

SNS、twitterやfacebookを利用してwebサイトの記事の一部を告知したりすることがよく行われます。この場合、非常に速いスピードでその発信情報が広まるのが最大の利点です。SNSを利用して情報を広めることを『拡散』といいますが、これにより、興味を示した人からのアクセスが非常に多くなり、サイト閲覧数は爆発的に増加することもあります。サイトを見てもらうことを目的とする場合には非常に有効です。