.post_excerpt { display: block; width: 120px; white-space: nowrap; overflow: hidden; text-overflow: ellipsis; }

Web制作

3C分析をWeb制作に活用する 3C分析というマーケティング用語をご存じですか?3つの要素【Customer:市場・顧客】【Competitor:競合】【Company:自社】を分析して自社の経営環境やその変化を把握し、事業の成功要因(KSF:Key Success Factor)を導き出す分析手法です。 Web制作にも3C分析を取り入れることで ・自社サイトの課題・問題点 ・競争優位性 ・KSF(重要成功要因) が明確になり、Web制作の方向性が定まります。 当社でも、お客様自身がWebサイトでアピールしたいポイントが定まらずお困りの場合、3C分析を基にしたヒアリングを丁寧に行い、お客様の事業の強み、Webサイトの強みを明確にしてからWeb制作を行います。 お客様事例 3C分析の方法と、Web制作への取り入れ方についてご紹介します。 3C分析手法 Customer分析 市場や顧客のニーズおよびニーズの変化を把握します。マクロ分析、ミクロ分析、顧客分析の3つの手法を用います。 ◆マクロ分析 PEST分析という手法を用いて、Politics(政治的要因:法改正、政権交代など)Economy(経済的要因:物価、消費動向、経済成長率など)Society(社会的要因:人口構成、少子高齢化、世論など)Technology(技術的要因:インフラ、IT、新技術など)といった社会的要因による市場や顧客の変化を把握します。 ◆ミクロ分析 業界の構造変化が自社ビジネスに与える影響を把握します。ファイブフォース分析で、業界内の競争(競合企業の数、競合企業との品質の差など)、買い手(顧客)の交渉力(顧客の数、競合企業との顧客の違いなど)、売り手(仕入れ先)の交渉力(仕入れ先の数・規模など)、代替品の脅威(代替品の価格・品質における優位性など)、新規参入の脅威(新規参入業者の参入時期・コスト、専門知識など)の5つの要因の変化が自社に与える影響を分析します。 ◆顧客分析 マクロ分析・ミクロ分析の結果を基に、顧客の価値観・ニーズが業界の環境変化によってどのように変わるかを調べます。アンケート調査等を用いて顧客の動向をできるだけ詳しく把握します。 Competitor分析 競合企業が市場の変化にどのように対応しているかを分析します。 1.競合企業のビジネスの成果 競合企業の売上、利益率、コスト、販売管理費用などをチェックします。 2.その成果を導いたリソース ROE(Return On Equity:株主資本利益率)や1店舗当たりの売上、顧客1人当たりの売上高などを調べ、リソースがどのくらい効率的に使われているかを把握します。 3.その成果をだした方法 製品開発や販売ルート、マーケティング、営業方法などをチェックし、ビジネスの仕組みを探ります。 Company分析 CustomerとCompetitorの分析をふまえ、自社が成功する要因を見つけます。 SWOT分析という分析手法を用いて、自社を取り巻く環境や自社の現状をStrengths(自社の強み)Weaknesses(自社の弱み)Opportunities(機会)Threats(脅威)の4つの要因から分析します。 Web制作における3C分析 ここまで3C分析の手法を簡単にご紹介しましたが、Web制作では以下のように活用しましょう。 Customer分析 Googleアナリティクスなどのツールを用いて ・訪問ユーザー数、訪問ユーザーの地域 ・オーガニック検索キーワード ・ランディングページ、滞在時間、訪問元ページ などの情報を取得し、市場・顧客のニーズを分析します。 Yahoo知恵袋などの質問サイトで顧客が抱える不安や課題、疑問などを把握するのも有効です。TwitterやFacebookなどSNSサイトも顧客分析には貴重な情報源です。 Competitor分析 自社のターゲットユーザーが検索に使うキーワードで、 ・オーガニック検索で上位表示されているサイト ・リスティング広告を出しているサイト をピックアップして分析してみましょう。主に以下のような項目をチェックしましょう。 ・サイト構造 ・集客チャネル(広告・アフィリエイト・メルマガなど) ・コンテンツの量 ・コンテンツ、ランディングページの内容 ・情報発信力(ブログ・SNSの活用、メルマガ配信頻度など) 競合サイトを「顧客目線」で調査、分析し、そのサイトの良い点・悪い点を把握することが大事です。同業種の競合サイトだけでなく、他業種の優れたサイトを分析することもサイト向上のヒントを見つける上で重要です。 Company分析 「顧客分析」「競合サイト分析」で自社サイトを取り巻く環境を把握したら、「自社サイト分析」で他社との競争優位性の把握と顧客へのアプローチ方法を検討します。主に以下の項目をチェックしましょう。 ・アクセス状況の推移 ・サイト構造 ・集客チャネル(各チャネルからの訪問比率) ・ランディングページ ・検索キーワード(どのようなキーワードでサイト訪問されているか) 競合サイトと自社サイトを比較することで、競合サイト・自社サイト双方の強み、弱みが明確になります。強み・弱みを把握して競合サイトとの差別化を図り、顧客へ強くアピールするWebサイトへと改善しましょう。 まとめ 成果をだすWebサイトを制作するためには、Web制作でもビジネス戦略を意識してコンテンツやデザイン、導線を検討する必要があります。3C分析などビジネスの世界で使われている手法を使うと、効率的に情報を整理でき、Webサイトの方向性が明確になります。成果をだすWebサイトにするため、3C分析を取り入れてみてください。...

まずはホームページの目的を明確にしましょう 弊社では、ホームページの制作やリニューアルを行う場合、きめ細やかなヒアリングを行っています。その中で一番大事にしているのがホームページを出す目的です。 ホームページを掲載する目的は何でしょうか? <よくある目的> ・アクセス向上 ・ブランディング向上(閲覧者に企業イメージを植え付ける) ・お問合せやお申込み(お見積り/購入/ダウンロード)件数向上 ・コミュニケーション活性化(掲示板や会員同士の会話など) いかがでしょうか?どれかに当てはまりませんか?全部あてはまるという方が多いのではないかと思います。 関連記事→ホームページの目的・目標は明確になっていますか 成果をあげるホームページにするために このように、お客様は潜在的に何等かの成果を求めているのですが、見た目の美しさなどのデザイン性や表示の精度について目が行きがちになり、本来の目的を見失っている場合が多いです。もちろん、デザインも大事なのですが、ヒアリングでは、期待する効果や目的を伺い、対話を重ねて、成果を最大限あげるにはどうすればいいかを導き出します。 デザインとマーケティングはリンクしています。色や形、大きさ、レイアウトなどのデザイン要素が変わるだけでブランディングや売り上げに強く影響を与えます。デザイン要素を決めるにはホームページのコンセプトが明確になっていないとなりません。 誰に・何を・どうやって伝えるか コンセプトとは、簡単に言うと想定するターゲットのニーズに、自社の強みや差別化された商品や技術を使い、どうやって応えるのかという事です。コンセプトが明確であればあるほど、ビジネスがホームページのデザインや機能と一体となり、メッセージが顧客の心に刺さり、ホームページの成果も上がりやすいです。逆に、コンセプトが不明確だと、デザインも機能もぼんやりしていて、成果の上がりづらいホームページになってしまいます。 弊社では数種類のヒアリングシートを準備し、お客様の課題やステージに合わせて用いています。コンセプトのパーツが一つでも欠けると成果の上がらないホームページになってしまうので、ヒアリングを重ねてコンセプトを明確にしていきます。コンセプトが定まったら、ビジネスの成長戦略に合わせたホームページの成長プランを構築していきます。ここでようやくデザイン設計が始まります。 起業して間もない方や、営業を改革したいといった方はコンセプトが定まっておらず、「もやもや」としている場合がほとんどです。弊社はこういったお客様の「もやもや」を解きほぐしてコンセプトを明確にし、成果のあがるホームページを制作するように心がけています。 まとめ このように、弊社ではマーケティングとWEB運営の専門家がヒアリングを行い、成果の上がるホームページのお手伝いを行っています。貴社のホームページはどうでしょうか?デザインばかりに目が行っていませんか? 本来の目的に立ち戻り、マーケティング視点でホームページの設計を行いましょう。...

ホームページは、運用の目的や目標があいまいだと、せっかく労力や時間をかけてもそれに見合った効果は期待できません。ホームページ運用の目的をしっかり定め、その目的に沿った明確な目標を設定することが大切です。目標達成の指標となるKGI・KPI設定のポイントをまとめました。 まずは自社が抱える課題を把握する まずは自社が抱える課題を把握し、ホームページ運用の目的を明確にしましょう。 例) (課題)新規顧客の獲得 (目的)自社製品やサービスの認知拡大、問い合わせの増加 (課題)カスタマーサポート業務の効率化 (目的)商品情報や「よくある質問」などのコンテンツを充実させ、ユーザーの問い合わせ業務を軽減する 目的が定まったら、その状況を実現するために、ホームページで「何を」「どれだけ」「いつまでに」達成するかという「目標」を設定します。この最終目標がKGI、KGIを達成するための過程を計測する中間指標がKPIです。 KGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標) KGIは誰でも公平に判断できるよう時期と数値をできるだけ具体的に設定し、明確な判断基準にすることが大切です。 ×悪い例 「お客様の満足度を上げる」 ○よい例 「1年後までに、リピート率を20%から40%に増やす」 「半年後までに客 単価3,000円から4,000円に増やす」 KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標) KGIを達成するために必要な過程を洗い出し、過程をどのくらいの状態でクリアできればKGIが達成できるか、またしっかりとクリア出来ているかどうかを数値で計測するのが KPIです。 KPI設定は「SMART」を意識する KPI設定で考慮すべきポイントは、頭文字をとって「SMART」と呼ばれます。 ・明確性(Specific):チーム全員が同じ解釈で共有できる指標・キーワードであること ・計量性(Measurable):定期的に測定し、評価分析できる指標であること ・合意可能性(Agree On):担当者が納得できる、現実的で達成可能な目標であること ・結果思考または関連性(Result-oriented or Relevant):KPIツリーで繋がる要素に明確な関連性があり、KPI達成効果が上層KPIやKGIの結果に影響を与える結果思考のKPIであること。 ・適時性(Time-bound):評価間隔が適切であること KSF(Key...

Webサイト作成する際の「よくある失敗例」を紹介します。 1.デザインにこだわりすぎてしまう この失敗が一番多いです。特に、ホームページを始めて作る方や女性経営者の方に多い傾向にあります。デザインにばかり目が行くと、ホームページの本質を見失ってしまう事が多々あります。デザインだけで工数を使いはたしてしまったり、デザイン細部にこだわってなかなか公開できなかったり、デザインが気に入らなくなってお蔵入りになったケースもあります。 ホームページは集客や費用(手間)削減、コミュニケーション、外部機能との連携などの機能があり、デザインはこれらの機能の一つに過ぎません。確かに、ホームページはオシャレなデザインの方が良い事にこしたことはありませんが、限られた予算をどの要素に配分するか考えないとなりません。例えば、新築で家を建る予算が3000万円あったとしても外装や内装などの見た目だけに2000万円もかける事はないと思います。 また、いくら制作会社の腕が良くても思い通りのデザインにならない場合がほとんどです。依頼側にも経験やスキルが必要で、企業ブランディングやデザインの基礎知識、Webの基礎知識などがあり、制作会社と高度な対話を重ねることでより良いデザインになります。「もっとシャキっとした感じにして」と曖昧な言葉を使ったり、「任せるから汲み取っていいデザインにして」などと制作者に丸投げしては良いデザインになりません。 2.Webサイトの目的が定まっていない Webサイトの目的が決まっていないと、せっかくのホームページの役割が果たせません。目的を決めておかないと制作の途中でデザインや文章がコロコロ変わる事があり、ちぐはぐした気持ちの悪いサイトになってしまいます。 Webサイトの目的の例としては、主に「集客向上」「売上向上」「成約向上」「認知向上」「費用削減(自動化など)」のどれかになります。一番の失敗は「経営者の自慢」や「PR担当の自慢」です。流行りの技術を取り入れたとか、こんな仕掛けがあるんだぞ、とか、●通や博●堂をつかったんだぞ、とかいう自慢です。PR担当が経営者に報告するためのホームページというのもあります。 3.ターゲットが「全員」 これもよくある話なのですが、ホームページのターゲットは誰でしょうか?と聞くと、「全員」と答える経営者の方が多いです。ホームページに限った話ではありませんが、広告のターゲットを絞らないと目的達成の確率も下がりますし、デザインや文章もぴんぼけした感じになってしまいます。 先ほど、ホームページを公開する理由は「集客向上」「売上向上」「成約向上」「認知向上」「費用削減(自動化など)」のいずれかだと述べました。アートとして自己の満足を満たすのであればいいですが、いずれかの目的を達成したいのであれば、相手があることですので、ターゲットは誰なのかを決める必要があります。 ターゲットを絞るには勇気がいることです。「お客は多い方がいいに決まっている」と思い、的が外れて一人の顧客も得られないという事が多々あります。このジレンマから抜け出せた方だけにホームページの成功が待っています。 4.ホームページを公開したら満足してしまう ホームページを作って公開したら全てが解決すると思っている方も多いです。ホームページは集客、売上、費用削減など、様々な活動を私たち人間に代わって行ってくれます。しかし、競合はもっと良いホームページを作ってきます。ホームページの機能も性能も進化し続けているのでせっかく作ったホームページの性能も、掲載している情報もすぐに古くなっていきます。ホームページを見たお客様は企業側の事情など理解してくれません。常に最新の性能と情報を求めています。満たされないホームページは読まれなくなり、だんだん検索結果にも影響を及ぼしてきます。 ホームページは公開してからが勝負です。ホームページが公開しても植物の苗を植えた状態だと思ってください。これから肥料と水を与え、手間暇をかけてホームページを育てていきます。苗が成長して木になり、花が咲いて実がなります。実がなって初めてお金を運んでくれるホームページになります。これまでにコツコツとホームページを更新して改良を続けていく必要があります。ホームページを放置していたのに売上が上がったなどというケースは聞いたことがありません。「たなぼた」は無いと思った方がいいでしょう。 以上、Webサイト作成する際の「よくある失敗例」でした。いかがでしたでしょうか、あてはまることはありましたでしょうか? これからホームページを作る/リニューアルをお考えの方はぜひ参考にしてください!...