トラブルシューティング

WordPressの管理画面にログインしようとすると、なぜか「403 Forbidden」が表示されてアクセスできないというケースがあります。そこで今回はWordPressの管理画面にアクセスしようとしたときに「403 Forbidden」が表示された時の対処法をご紹介します。 「403 Forbidden」ってなに? 一般的に「403 Forbidden」はページがあっても、ページをアクセスする権限がないため、アクセスを拒否しますというものです。サイトが非常に込み合っていたり、「.htaccess」で誤った設定をしている場合場合などで表示されることがあります。 海外でWordPressにログイン時に「403 Forbidden」!? レンタルサイトによってはWordPressでサイトを運用していると、上記とは違うケースで「403 Forbidden」が表示される場合があります。それは、海外からアクセスしているとサーバー側が判断した場合です。 本来は、海外からのWordPress乗っ取りなど不正アクセスを防ぐためのものです。海外旅行先でブログを更新しようとしたときに、「403 Forbidden」が表示された場合は、この機能をOFFにする必要があります。方法はレンタルサーバーごとに異なりますので、ご利用のサーバーのサイトを参照してください。 LOLIPOP!レンタルサーバー 海外アタックガードについて・設定・解除方法 さくらのレンタルサーバ レンタルサーバ 国外IPアドレスフィルタ エックスサーバー WordPressセキュリティ設定 日本に帰国したら? WordPressなどのCMSは、サイトの改ざんや乗っ取りなどの悪質な行為の対象にされてしまうことがあります。この悪質行為のほとんどが海外IPアドレスからのアクセスです。この機能は、海外IPアドレスを遮断することでWordPressでサイトを守ってくれている機能なので、日本に帰国後は速やかに有効にしておくほうがおすすめです。 海外でサイトの更新をしようとしたのに、この機能を知らなかったため、更新の機会を失してしまったということがないように、ぜひ頭の片隅に置いておいてください。 ...

いろいろなプラグインを導入したり、テーマを編集したりしてカスタマイズしたWordPress。開発用のサーバーから公開用のサーバーに切り替えたり、レンタルサーバーの切り替えなどでWordPressを移行する機会は意外とあるものです。 そんな時に意外と多いトラブルが、「サイト内の画像が表示されない」というもの。 今、画像が表示されないというトラブルを抱えている方はもちろん、いざというときに慌てないようにWordPressで作成したサイトを運用している方は、ぜひ読んでみてください。 テーマ内に絶対パスで移行前のURLが残っている場合 テーマ内で使われている画像が表示されないという場合は、ブラウザのページのソースを表示する機能を使って、移行前のURLが使われていないかチェックしてみましょう。もしも、移行前のURLが含まれている場合は、テーマをカスタマイズしたときに、絶対パスが混ざってしまったことが原因です。 テーマをカスタマイズするときは、画像のパスを絶対パスで書いてしまうと、移行した先で画像を表示することはできません。テーマ内の絶対パスを、「get_template_directory_uri」や「get_stylesheet_directory_uri」といった関数を使って書き直しましょう。 記事内のURLが残ってしまっている プラグインを使わず、手作業でWordPressの移行を行った場合に生じる可能性があるのが、データベース内に移行前のURLが残ってしまっている場合です。この場合は、画像のパスを移行先のURLに置換する必要があります。 データベース内のURLの置換は慣れていない人はハードルが高く感じます。そんな方は、プラグインを使うと簡単に対処できます。「Search Regex」などのプラグインを使うと手軽に修正することができます。 画像ファイルに日本語が入ってしまっている ファイル名に日本語を含むファイルがある場合、移行先でうまく認識できないことがあります。WordPressにマルチバイト文字パッチのプラグイン「WP Multibyte Patch」をいれていないと、日本語ファイル画像をうまく読み込めないことがあります。プラグインが有効になっているかチェックしましょう。 それでもダメな場合は、「Media File Renamer」というプラグインを使って画像の名前をリネームしてあげましょう。 プラグインをインストール後、メディアの編集画面を開き、画像の上のテキストボックスを編集ます。 その後、[メディア]-[Remane]でリネームすればOKです。画像が使われている記事内のURLも自動的に書き換えてくれるありがたいプラグインです。 そもそも、サイト内のリンク切れ画像がわからない! そもそもサイト内で使われている画像で、リンク切れを起こしているものがわからないという場合は、「Website Explorer」というツールでサイト内のエラーをチェックしてみるのもおすすめです。使い方は、「サイトのページ一覧を簡単にエクセルにする方法」をご覧ください。ただ、移行前の画像URLが表示できてしまう場合は、このツールではチェックできないので、注意が必要です。 サイトの移行は最後まで気を抜かず! 手順通りにやったはずなのにうまくWordPressが表示できないというケースがあります。移行時にはこまめにバックアップを取りながら慎重に進めましょう。もしも、画像がうまく表示されないという場合は、この記事を思い出してみてください。...

・ワードプレスで修正した内容がブラウザに反映されない ・ブラウザが以前設定した301リダイレクトを覚えてしまって勝手にリダイレクトされる ・IDやパスワードの修正ができない Google Chromeを使っていてこのような事が無いでしょうか。最近、クライアント様のサイトで以前間違ってついていた301がずっと残っていてずっとERR404になっていて困っていました。 これらの情報はブラウザ(Google Chrome)のキャッシュに意図的に残っているからです。これらのキャッシュを消すには、ブラウザでキャッシュを削除するのに使用するのは「更新」(WindowsユーザはF5やCtrl+F5、Macintoshユーザはcommand+R)ボタンを使う事が一般的です。 これでだめなら、ブラウザ(Google Chrome)の設定画面から、全体もしくは、個別にキャッシュを消す方法があるのですが、これでも消えない場合や作業が面倒だったりします。 そこで、最終手段(というよりは毎回これをすればいい?)の、しつこいキャッシュを削除するための「キャッシュの消去とハード再読み込み」の方法をお知らせします。 【手順】 1.更新したいページで「F12」キーを押し、「デベロッパーツール」を表示します。 2.リロードボタンを右クリックし、「キャッシュの消去とハード再読み込み」を選択します。 これだけでキャッシュが根こそぎクリアされます。まさかそんな機能が備わっているとは思いませんでした。 ...

Wordpressは世界シェアNo.1のCMS(コンテンツ管理サービス)で、Wordpressサイトを自身で構築・運用されている企業や店舗経営者の方も多いかと思います。Wordpressは、無償で使用できる、プラグインやテーマが豊富で機能の追加やデザイン変更が簡単にできる、カスタマイズ性が高く完成度の高いWebサイトができる、などメリットもたくさんある反面、公式のサポートがなく使用に関してはすべて自己責任であることに注意が必要です。 以前修理対応を行ったお客様も、ご自身で1か月以上かけて制作された自社サイトにアクセスできなくなってしまい、お困りだったところネクスト・アクションにご依頼を頂きました。 お客様の声 #007 実際、Wordpressサイトにトラブルが発生した場合はどのような対応策があるでしょうか。 まずはWordpressフォーラム Wordpressは、コールセンターのように電話やメールですぐに対応してくれるような手厚いサポートはありません。配布元による公式のフォーラムがあり、ユーザー同士が質問と回答のやり取りを行い問題を解決します。 Wordpressフォーラム(日本語) https://ja.wordpress.org/support/ まずはフォーラムで同様の事象や質問が無いか事前にチェックし、なければ質問してみましょう。スキルの高い回答者から的確な解決策が得られる場合も多いですが、コールセンターのように迅速・確実に回答が返ってくるとは限らない点に注意が必要です。 インターネット上の情報も豊富 Wordpressは世界シェアNo.1のCMSで利用者数も多いので、たいていの問題はフォーラム以外にも個人ブログやQ&Aサイトで解決策が見つかります。ただし、それらの解決策を自分のサイトで実際に実行するのはもちろん自己責任になります。 セキュリティ情報の収集 Wordpressは利用者数が多い分、Wordpressをターゲットにした攻撃も多いです。自分のWebサイトが改ざんされたり情報が盗まれないよう、十分にセキュリティ対策を施す必要があります。現在はセキュリティ系プラグインがかなり充実しており、基本的なセキュリティ設定にさほど高度な知識を必要としませんが、どのプラグインを導入するか、どのような設定を行うべきかといった判断は自分で行う必要があります。 また、プラグインやテーマの高い脆弱性や悪意ある攻撃に備え、こまめにバージョンアップを行うことも重要です。プラグインやテーマのバージョンアップによりサイトの他の部分に不具合が発生する場合もありますので、バージョンアップ前にテスト環境などで検証したほうが安全です。これらの作業もすべて自分で行う必要があります。Wordpress関連のセキュリティ情報には常に注意を払い、情報収集しましょう。 情報収集が大事、必要な時はプロの手を借りる Wordpressは無償で使用できる便利なソフトウェアですが、使用はすべて自己責任になります。自分で十分に情報収集して保守や修理もすべて自分で行うことも可能ですし、必要な時だけ業者に保守依頼したり、業者に全面的にサポートしてもらうという選択肢をとることもできます。自身のスキルやWebサイト運用にかける労力を考慮して、どの程度自己責任で運用するか判断しましょう。 ネクスト・アクションではお客様で制作・運用されているWordpressサイトの修理・保守対応も行っております。ぜひお気軽にご相談ください。...

Wordpressは様々な要因でログインできなくなることがあります。Wordpress初心者の方向けに、よくある原因と対処方法をまとめました。 原因1)ユーザー名・パスワードを忘れた ログイン画面上の「パスワードをお忘れですか?」をクリックして登録メールアドレスにパスワードリセット用のメールを送信する。メール内のユーザー名を確認するか、リンクからパスワードをリセットする。 原因2)ログインURL ログインURLは、Wordpressをインストールしたディレクトリによって形式が異なります。正しいURLになっているか確認しましょう。ほとんどの場合、「サイトURL/wp-login.php」または「サイトURL/wp/wp-login.php」になっているはずです。また、「サイトURL/wp-admin」でログインしている場合はwp-login.phpにすることでログインできる場合が多いです。 補足:wp-adminとwp-login.phpの違い 【wp-admin】wp-adminディレクトリ下の管理画面を読み込む。 【wp-login.php】ログインページのphpファイルを直接読み込む。 原因3)Cookie ブラウザ上のCookieが原因の場合、Cookieを削除する事でほとんど解決します。 【Google Chromeの場合】画面右上ツールメニューの「履歴」から「閲覧履歴データを消去する」を選択する。「Cookieと他のデータ」にチェックを入れて「データを消去」をクリック。 【用語解説:Cookie(クッキー)】ホームページを訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組み、またはそのデータ。ID、パスワード、メールアドレスなどがユーザー情報として保存され、これによって再訪問したときに ユーザーを特定し、情報を入力する手間が省ける。 原因4)プラグイン 新規でプラグインをインストールしたり、アップデートした直後にログインできなくなったら、プラグインが原因かもしれません。該当のプラグインを停止させましょう。WordPressにはログインできないので、FTPソフトを使用します。 1)FTPソフトでWordPressをインストールしたサーバーに接続する。 2)プラグインは「サイト名/wp-content」等のフォルダに入っています(サーバーによって異なります)。wp-content内のpluginsフォルダを適当な名前に変更する。 3)Wordpressにログインできたら、原因はプラグインである可能性が高い。該当のプラグインを削除し、pluginsフォルダの名前を元の「plugins」に戻す。 原因5)テーマ WordPressのテーマが壊れている場合や、テーマ内でエラーが起きている場合もログインできない原因になります。この場合も、プラグインと同じくFTPソフトを使ってテーマフォルダの名前を変更して確認します。 1)FTPソフトでサーバーに接続し、themesフォルダ内で現在使っているテーマの名前を変更する。 2)名前を変更すると、テーマが自動的に「WordPress Twenty Fifteen テーマ」に切り替わる。これでログインできたら、該当のテーマをインストールし直すか、別のテーマを使用する。 原因6)サイトURLの変更 ログインできなくなる原因で多いのが、このサイトURLの変更です(http://サイトURL/wpをhttp://サイトURL に変更など)。wp-config.phpファイルを書き換えて対処します(phpMyAdminにログインしてデータベース情報を変更する方法もありますが、上級者向けなので今回は割愛します)。 1)FTPソフトてWordPressがインストールされているフォルダにアクセスし、wp-config.phpをダウンロードする。 2)wp-config.phpファイルに define(‘RELOCATE’, true); の1行を追記する(※phpファイルの編集は、Windowsのメモ帳ではなく『TeraPad』などのテキストエディタを使用する※)。 3)追記したらwp-config.phpを元の場所にアップロードして上書き保存する。 【補足:PHPファイルをWindowsのメモ帳で編集してはいけない理由】 プログラムがテキストデータを読み込む際、BOM(byte order mark)というテキストの先頭に付与される数バイトのデータを読み込んで、データや符号化形式の種類を判別している。 逆に、PHPはBOMを正常に処理することができない場合があるので通常BOMなしで保存・上書きする。メモ帳は文字コード設定「BOMあり」でしか保存できないため、PHPの編集には使わない。 まとめ いかがでしたでしょうか。Wordpressにログインできなくなった時は落ち着いて状況を確認し、可能性の高い順に対処法を試してみましょう。...