Webライティング

一生懸命ネタを探して記事も練っている企業ブログ。それなのに、アクセスが伸びない!お問い合わせなどビジネス上の成果がない!とお悩みではありませんか。 それは、決してあなたの記事がおもしろくないからではありません。記事がWebに適した文章になっていないだけなのです。 Webに適した文章とは 「Webに適した文章」とは、言い換えると「人にもGoogleにもわかりやすい文章」です。 Web上で多くの人に自分の記事を見てもらうには、まずGoogle検索上位に表示されなければいけません。Googleの検索エンジンは、検索キーワードに関連性が高く役に立つ、と評価した記事を検索上位に表示します。それには、記事の内容そのものが充実していることはもちろん、記事の文章をGoogle検索エンジンに評価されやすい文章構造にする必要があります。 検索上位に表示された後は、記事にアクセスして記事の内容を評価するのは「人」です。人に記事の内容を「おもしろい」「役に立つ」と評価してもらうことで、サイト内の他の記事も見てくれたり、繰り返しサイトを訪問してもらえることでお問い合わせなどビジネス上の成果につながります。人の記事を評価してもらうには、まず「人がWeb上で読みやすい文章」にする必要があります。 見出しや空白行で人に見やすいレイアウトに 本など印刷物の文章は1行目から丁寧に「読むもの」であるのに対し、Web上の文章はユーザーが自分の疑問や不安に対する解決策を「チェックするもの」です。Web上では長文よりも「見出しを見れば大体の記事内容が把握できる」文章が好まれます。 また、Web上の文章を読むことは印刷物とくらべると目も疲れやすく、人にとって負担になるものです。改行や空白行、太字などを適度に使って人に見やすい工夫をすることも大切です。 見出しで文章を階層化し、Googleにわかりやすく Webライティングで重要なのは、人だけでなく「検索エンジン」つまりGoogleにも記事の内容を正しく把握してもらうことです。検索エンジンが「この記事はあるキーワードについて役に立つ記事だ」と評価してくれることで、検索上位に表示してくれます。見出しを使って文章を階層化することで、Googleが記事の内容を把握しやすくなります。 実例:見出しで記事を階層化する 学習塾のブログ記事を例に、見出しを使ってWebに適した記事に修正してみます。 左:修正前 右:修正後 いかがですか。左の修正前の記事は、内容はよくまとまっていますが見出しがなく1つの段落が長いため、Web上で閲覧しやすい文章になっていません。右の修正後の記事は内容をほぼ変えずに見出しをつけただけですが、これだけでWeb上で見やすく「見出しを見れば大体の記事内容が把握できる」文章になっているのがおわかりいただけると思います。   まとめ いかがですか。ブログなどWebライティングの基本は 人が見てわかりやすいこと文章 検索エンジン(Google)に評価されやすい文章 の2点です。見出しを使って文章を階層化することで、「人にもGoogleにもわかりやすい文章」になります。まずは見出しをつけるところから始めてみましょう。...

ブログ記事を焼き増しする方法についてあまり教えられていないので記事の焼き増し方法を紹介します。 ブログ記事の焼き増しとは、過去に書いたブログ記事を書き直して投稿する事です。もう一度伝えたい、より多くの人に呼んでもらいたい、内容を更新したいときなどに焼き増しを行いますが、なんといっても、記事の量が増やせるメリットがあります。記事の流入が増えることからSEO対策にもなります。また、市場に興味がある情報に関して知見が深くなるので良い事づくめです。 本の作家も同様の方法を行っています。業界で焼き増しとは言わないかもしれませんが、本のタイトルだけ違って中身はほぼ一緒だったり、図を入れてムック版にしたりして売れた本の焼き増しを行っています。増刷や文庫化とは違います。 焼き増しの方法ですが、最初に、過去の記事の見直しを行います。アクセスランキングTOP10以内が目安です。過去1年間や半年間などのランキングも比較して、もっと深堀したい、記事を更新したいと思った記事を選びます。 タイトルは全く別のものにする方がいいです。視点を変えたりしてワーディングを考えます。本文はなるべく書き直しましょう。例え同じ人物が同じことを言っても全く違う文章になります。コピーペーストをしただけではGoogleは同じ記事とみなされます。最悪はペナルティを受ける場合がありますので注意してください。 文末に、「あわせて読んで欲しい記事」や「関連する記事」と書き、元記事のタイトルとリンクを貼るといいです。その方が内部回遊率が上がりますし、関連の高いリンクが張れるのでSEO的にも有利です。 いかがでしょうか? 記事に困ったらブログ記事を焼き増ししてみてください!...

ブログを書いている方や書こうと思っている方、ブログを書く理由は何でしょうか? ・伝えたい事が沢山あるから ・文章を書くのが好きだから ・与えられた仕事だから ・アクセスを増やしたいから ・コンバージョンを上げたいから ・セミナー講師や家族・知人に言われたから 伝えたい事があったり文章を書くのが好きな人はいいですが、仕事やアクセス向上のためにブログを書いている人はブログを書く事が苦痛ではないかと思います。 ブログを書く事が苦痛な人はそもそも「自分は文章が下手」だと思っている人が多いです。日本人は謙虚だからなのか、人前で話す事や文章で意見を伝えるのが苦手で、「だって下手だから」と思っている人が大多数のようです。 ブログを書く理由は「上手くなるため」 ブログを書くのが苦手な人は、ブログを書く理由の一つに「上手くなるため」を入れるといいと思います。苦手だから書けないのに何故書かないとならないのは矛盾しているのでは?と思われるかもしれませんが、書く事が上達の近道なのです。書いて書いて(ついでに恥じもかいて・・・)書きまくるといつのまにか上手くなるのです。 プロも昔書いた著書が恥ずかしくて読みたくない ある人気作家さんがラジオで「昔自分が書いた著書を今読み返すと下手で恥ずかしい」と言っていました。私からすると、その”恥ずかしい”と言っていた本は決して下手だなんて思いませんでした。もしその作家さんが当時「恥ずかしいから本を書きたくない」と思っていたら当然その人は人気作家にはなっていません。本を書いた時に”書くのが苦手”と思っていたかどうかは分かりませんが、いずれにしても、書き続ける事でライティングが上達するという事です。 人に見てもらう事に慣れること ブログ上達の近道はとにかく人に見てもらう事です。ブログを公開してアクセスが増えれば自信になりますし、他人からの反応で大きな気づきを得られます。次第に書く事や批判に慣れてきて技術も上達してきます。この「書く」→「読んでもらう」このプロセスを続けます。 伝える気持ちが大事 最後に、文章が上手いか下手かよりも”伝える”気持ち”が一番大事なのではないかと思います。「多くの人に読んでもらいたい」「●●な人に伝えたい」などの使命感や強い気持ちがあれば箇条書きでも、殴り書きでも構わないんです。絵や音楽などの芸術やスポーツでも同じですね。「下手だけど心にしみた」とか「なんだかよく分からないけど感動した」というのに似ています。上手か下手かなんて考えずに書き続ける事、それが上達の近道です。かくゆう私もまだ上達には程遠いですが、このブログを通じて皆さんのお手本になればと思っています。...

膨大なインターネット情報の中で、ブログ記事のタイトルを一目見て「これは自分にとって読む価値がありそうだ」と判断してもらうには、タイトルのつけ方が非常に重要です。ターゲットを惹きつけるタイトルをつけるポイントをまとめました。 一番のポイント、「一瞬で」役に立つ記事だと伝わるタイトル タイトルは「一目見て」役に立つ情報であることが伝わるように意識しましょう。人は何かしらの疑問や悩みの解決策を求めてインターネット上を検索し、「自分にとって役に立つ」と判断すると記事を読みます。人はタイトルを見て一瞬でこの判断を行いますので、「一目見て」役に立つとわかることが重要なのです。~の理由、~の方法、~のテクニック、などの言葉を使うのが効果的です。 ターゲットがわかるキーワードを入れる ブログは「たった一人のターゲット」をイメージして書くと、メッセージが強く伝わりやすい記事になりますが、そのターゲットをタイトルでもわかりやすく伝えることで、人に「これは自分に向けて書かれた記事だ」と判断され、記事が読まれる確率が高まります。「~業界の」「~のプロ向け」といったターゲットを具体的に伝える言葉や、「入門編」「実践編」などレベルがわかる言葉を入れるとよいと思います。 タイトルはキャッチコピーであることを意識する ブログのタイトルは、いわば記事の魅力を伝えるためのキャッチコピーです。キャッチコピーの役割は、商品そのものよりも「その商品を使うとどんなメリットがあるのか」を伝えることです。気軽さ、新しさ、限定感など、「この記事を読むとどんなメリットがあるか」が伝わるタイトルを心がけましょう。「消費者心理」「注意!」 といったインパクトのある言葉を入れるのも効果的です。 数字を入れる タイトルに具体的な数字を入れると、記事を読むことで得られるメリットを具体的に思い描くことができます。(~%の方が購入する、出世する人がやっている~の方法、など)。31%よりは31.5%など、データや数字をできるだけ詳細にすると説得力が増します。 簡単さを伝える 何かの解決策について書かれた記事であれば、その解決策が「今までよりも簡単な方法」であることが伝わるタイトルにしましょう。インターネット検索により何かを解決したいと思っている人は、簡単ですぐに結果がでることを好みます。タイトルに「最低限」「基本の」などの言葉を入れ、「従来よりも短期間で、楽に何かを達成できる」方法が書かれた記事であることが伝わると、読んでくれる確率が高まります。 ターゲットのレベルに合わない専門用語は使わない タイトルに知らない、わからない言葉が入っていると、その記事は「自分が読んでも理解できないだろう」と無視されてしまう可能性が高いです。記事を読んでほしいターゲットのレベルに合わない専門用語は入れないようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。ブログ記事を読んでもらうには、検索上位に表示されるよう技術的に工夫することはもちろん、一目で人に「読んでみたい」と思わせるタイトルをつけることが重要です。せっかく人の役に立つ記事を書いても、読んでもらって最終的にビジネスにつながらなければブログを運営している意味が薄れてしまいます。記事を書き終わったら、その記事の魅力が伝わるタイトルを十分吟味しましょう。...

「ブログを始めてみたが集客につながらない」 「ブログに何を書いてよいかわからない」 とお悩みの方は、「ブログを読んでほしい人」つまりターゲットのイメージが明確になっているでしょうか。ターゲットを絞ることで、そのターゲットを惹きつけるブログ記事の内容も見えてきます。 1.なぜターゲットを絞るのか  ブログのターゲットを絞ると、そのターゲットに向けて書くべき記事内容も明確になります。 企業のブログで「ブログを読んでほしい人」とはつまり「商品を購入してくれそうな人(見込み客)」になります。「ブログで集客する」とはつまり、ブログを通して「見込み客を顧客にする」ことです。 (1)ターゲットの興味を惹く、有益な記事を提供する (2)ターゲットに記事を見つけてもらう (3)継続して有益な記事を提供し続け、ターゲットとの信頼関係を築く (4)資料請求や商品購入につなげる というのが基本的な流れです。 情報が氾濫するインターネット上で、適切なターゲットを惹きつける記事を提供するには、まずターゲット像を明確にする必要があります。「ブログを読んでほしい人」のイメージがあいまいですと、ブログ記事の内容も焦点が定まらずぼんやりしてしまい、読者を惹きつけることはできません。また、ブログの読者が「商品を購入してくれそうな人」でなければ、いくら読者が増えても購入につながりません。 2.ターゲットをどうやって絞るのか リサーチと想像力の両方を駆使してターゲットのイメージを作っていきます。ターゲットの基本的属性はもちろん、ターゲットが抱えているであろう「課題」を絞ることで、書くべき記事が明確になります。 ターゲットのイメージは、一から想像するよりもインターネット上の情報を基にするとイメージしやすいと思います。 ・検索キーワード、悩み相談サイト ・目指す内容のブログやメルマガなど これらの情報から「ブログを読んでほしい人」のイメージを作っていきます。ほかにも、身近で困っている人や自分自身を基にイメージしてみるのもよいと思います。 イメージができたらターゲットの情報をより詳細に絞っていきます。性別・年齢・家族構成など基本的な属性のほか、大事なのはそのターゲットが抱えているであろう「課題」を明確にイメージすることです。ブログを読む、検索するという行動をとる人は、疑問、悩み、不満、願望など何か解決したい課題を抱えていることがほとんどです。その「課題」を明確にイメージし、それを解決するような記事を提供することでターゲットを惹きつけることができるのです。 3.ターゲットは「たった一人の個人」レベルまで絞りましょう 不特定多数に向けた記事よりも、「たった1人の個人」に向けて書いた記事はその分内容が濃く、強いメッセージをもった記事になり、読者を惹きつけることができます。できるだけ多くの人にブログを読んでほしいのに、そこまで絞るのは抵抗がある方もいるでしょう。しかし、あいまいなターゲットに向けたあいまいな内容の記事では、結果的に一人も惹きつけることはできません。逆に、たった一人の個人に向けて書いた内容の濃い記事は、結果的にターゲット以外の人も惹きつける可能性があります。 ブログを書く時は、ブログを読んでほしい「たった一人の個人」が「これは役に立つ」「これこそ私が知りたかった」と思ってくれるような内容を意識しましょう。...

今度こそ、「ブログで集客するぞ!」「毎日ブログを書くぞ!」と意気込んで始めたものの、筆が止まってしまって悩んでいる方に、続けるためのポイントをお知らせします。   「筆が止まる」というのは実際は思考が止まる事です。行動が止まる事と同じで、まずは、思考が止まってしまい、筆(手・足)が動かなくなるのです。   筆が止まっている方に、試しに、「ブログに書きたい事は何ですか?」と聞くと、書きたい事がしっかり決まっています。どんどん言葉がでてきます。そのまま記事を起こしてあげたいくらいです。   その人の日ごろのコミュニケーションや過去に書いた文章を見る限り、文章が苦手というわけではなさそうです。書きたい事があってちゃんと文章が書けるのに何故筆が止まってしまうのでしょうか?   原因は大きく分けて3つあると思います。   まず1つ目に、誤解されたら怖いとか炎上が怖いなど、悪い反応が返ってくると思っているからです。   安心してください。正直、最初のうちはほとんどアクセスありませんよ。1日1000アクセスくらいになれば、良し悪しに限らず何らかの反応が帰ってくる事がありますが、1日1000アクセスを得るには、200~300記事は書かないとなりません。 そこまで努力してから読み手の反応について考えましょう。その過程で色々な課題を乗り越えますし、読み手の悪い反応を超える物を手に入れてるからきっと大丈夫です。   そもそも、何の集客においても、人を集めるには悪い反応がつきものです。それを気にするのなら集客は諦めた方がよさそうです。   2つ目は、アクセスが無いからつまらないという点。書かれているブログの需要と供給の量によりますが、供給過多の(書き手ばかり多い)場合は、100記事かいても1日10アクセス位です。しかし、200記事に行くまでに突然飛躍的にアクセスが増えます。つまり、最初は低空飛行で、上昇気流に乗ったら高い位置にいけるというイメージです。   そこまでの道のりは長く孤独かもしれません。焦らず低空飛行を我慢して続ける事。これにつきます。   3つ目は、やり方にこだわりすぎてしまっている事です。ブログの書き方やSEOのやり方、内容についてのノウハウが、セミナーや本、ネット上に沢山あふれています。どれも正しいかもしれません。しかし、それを全部気にしていたら何から手を付けていいか分からずに思考が止まってしまいます。   例えば、「ブログは10行でいい!」という説を唱える人もいれば、「ブログは2000文字書かないと意味がない!」という人もいて、これを全部真に受けたら思考が止まりますよね。。何かを始める時に「効率」を求めがちですが、一番の近道は大量に行動することなんです。   自転車を補助輪を付けずに初めて乗った時の事を思い出してください。「ハンドルは30%の力で握って、腕は45度に曲げて、顎を引いて、足ではなくて股関節を使って漕ぐんだ。」とはならなかったと思います。ただひたすら前に進もうと、何回も転んではまた乗ってという繰り返しでしたよね。   同じように、「アクセスを増やすんだ」という気持ちで、自己流でも何でもいいので、とにかく記事を書いて書き続ける事が重要です。   毎日記事を書き続けて、1か月もすると、筆がすらすら動くようになります。自転車の補助輪が取れたのと同じで、今まで筆が動かなかったのが不思議だと思うようになります。   大量に行動すると、自然と自分なりのスタイルが出来てきます。ノウハウ本を出している人は自分が成功したスタイルを教えているだけであなたに合ったスタイルかどうかは分かりません。それに、無理して人のスタイルを真似しても書いている方も読んでいる方も違和感があります。これも続かない理由につながりそうです。   いかがでしたでしょうか。「成功の秘訣は続ける事」どの成功者も口をそろえて言っています。ブログ成功の秘訣は書き続ける事。脇目も触れずに記事を書き続け、細かいことは後から考えることにしましょう。...

みなさんこんにちは!小橋博士です。 ブログをはじめ、様々な記事を書く機会が多いですが、本当のコツってなんでしょうか? 分かりやすく書く、結論から先に述べる、いろいろありますね。でも、先日のキュレーションサイトの事件で明らかになったトラブルを避ける本当のコツは全然違うところにあります。そのコツとは・・・ 取材をする、ネタを記録する ずばり、表題の通りです。ライティングというとテクニックなどが思い浮かびやすいですが、記事執筆と日本語に直すと様子が異なりますよね。記事を書く、ということは、取材(今はネットで調査だけで済むことも多いですが)をして、記録を取って、それを整理して読みやすくする、ということです。 この基本を怠ると、思わぬしっぺ返しがあります。どんなに優れたテクニックで満たされた記事であっても、某アイスの「火星やし味」のような存在しないものに言及してしまった時点でアウトです。 取材で裏を取ることはもちろんですが、きちんとニュースソースも記録しておくことで、再調査もスムーズに行えます。 この2点、是非頭の片隅に入れておいてください! 必ずトラブルから守ってくれますよ! 以上、小橋博士でした。 ...

突然ですが、ラブレターを書いたことがありますか? 好きな人に告白する手紙です。 好きです!つきあってください!から始まって、あなたのここが好きなんですとか、私とつきあうとこういうメリットがありますよとか書くと思います。 好きな人への熱い思いが相手に伝わるように思いを込めて書きますよね。好きな人の顔を想像しながら書くと思います。 ビジネスレターやチラシ、ホームページで使うメッセージも同じです。来てほしい・買ってほしいと思うお客様の喜んでもらう姿を想像しながら書きます。(このブログもそうです!) 単に「買ってください!」の一言だけではなく、何故あなたに買ってほしいのか、買うとどうなるのかを思いを込めて書きますよね。当たり前ですね、異論はないと思います。   では、「相手」が決まっていなかったらどうなるでしょうか。   ラブレターの場合、好きな人がいないのに書きませんよね。無理やり「ラブレターを書いてください」と言われても何をかいていいのやらわかりません。仮に、代筆してと言われたら、「相手はだれなの?」ということになりますよね。 それと同じで、ビジネスレターやチラシ、ホームページで使うメッセージを書くには、書く相手を決めることから始めます。書く相手の顔を思い浮かべながら、どうしてほしいのか、理由はなぜなのかなど、ラブレターを書く要領と似ています。   相手の好みや趣味など、相手の気持ちを汲み取ったり相手に合わせた言葉遣いにしますよね。もし、相手が明確に決まっていないと、書き手の思いが込められませんし、相手の好みなどが浮かんでこないので、書き手の気持ちや趣向を押し付けるものになってしまいがちです。そうなると、受け取った読み手は自分のことだと思わずに、無視してしまいます。   まずは、読み手の顔を思い浮かべながら、あなたの「思い」を伝えましょう。   ぜひ、ラブレターを書くように、買ってくれる人の顔を思い浮かべてメッセージを書いてみてください。もし、顔が浮かばなかったら、「ターゲットは誰なのか」に戻って深堀りを続けましょう。   以上、「売れるお店になるには、ラブレターを意識する」でした!...

WEBライティングを読みやすく、かつ、検索エンジンの効果が高まる方法をお知らせします。 それは「HB」です。鉛筆の芯の硬さではありません。 HはHタグのこと。BはBタグのこと。 ※タグとは、HTMLタグのことです。 Hタグは、ヘッダータグのことで、Header の頭文字のHです。 日本語では「見出し」と呼びます。 タグは"”です ※大文字にしてあります。 これが見出しです 一番の目的は、文章を見やすく、分かりやすくするために使います。 特に、長い文章の場合、見出しがあると、読者がどこから読めばいいのかという判断がしやすくなります。 大見出し、中見出し、小見出しなど、文章を整理したりする目的もあります。 WEBの場合、H1,H2,H3というタグになり・・・と数字が大きい方が大見出しです。 これが大見出し(h1)です これが中見出し(h2)です これが小見出し(h3)です グーグルやヤフーなどの検索エンジンは、このHタグを検索結果に反映させるための重要な要素にしています。 理由は、見やすさもそうですが、文章の大まかな内容・構成を把握するためです。 ですので、このHタグは使わない手はありません。 次に、Bタグです。 Bタグはboldタグのことを指します。 boldタグは、太字です。 太字はこのように表示されます 文章内で重要なポイントを指したり、他の文字よりも目立たせる意味があります。 検索エンジンも、Hタグ同様にこのBタグを参考にしています。 最近ではstrongタグを使うことが主流ですが、Bタグでも同様の効果が得られます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 特に難しくはありませんね。 HタグとBタグを使うだけで、見た目が格段と向上します。 見た目だけではなく、言いたい事が整理できますし、検索エンジンにも優しいので1石三丁です。 ぜひ試してみてください!...