Web制作の費用が一般的に公開されていない理由

Web制作の費用は一般的には公開されていません。公開されていたとしても40万円~といったようにあいまいな表示をしています。

「Web制作の料金が公開されていないから信用ならない」「定価がないのはおかしい」というお叱りの声をよく聞きます。

どうして料金が公開されていなく定価がないのでしょうか。大きな理由は、ほとんどの場合はフルオーダーメイドだからです。例えば、家や洋服をオーダーメイドする場合は定価がありませんが、それと同じです。

家を建てる場合、土地の広さ、建物の高さ、間取り、材質、デザインや内装の質によって値段が変わるのは想像できると思います。Web制作の場合もこれに似ていて、ページ数、デザインの質、機能の多さ・複雑さ、セキュリティのレベルによって料金が決まってきます。例えば同じウェブサイトを構築するにしてもページ数が10枚の案件と30枚の案件では大きく見積もりが違いますし、動画を作る、写真を加工する点数などでも変わります。

これらの様に、何を作るかを明確にして初めて明確な料金提示がることから、実際にどれだけの費用が掛かるかは話を聞いてみてからでなければ決まらないことから、明確なWeb制作の費用が表に出ることがありません。

Web制作に限らずインターネット上の技術やデザイン制作の多くは人件費です。専門の技術者がそれをこなすのにどれだけの時間が必要になるかで判断される仕組みになっています。作業時間のことを工数と呼びます。一般的にこの工数がどの位かかるかで見積もりを算出しています。

いかがでしょうか。これは一般的な事であり、お客様のニーズを満たしていないと感じています。弊社としてどのように取り組めるか考えていきたいです。

ワードプりす
お気軽にお問合せください ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る