集客・販促は「PDCA」の中で●が一番大事

お店を開いて(厳密には開く直前から)当面取り掛かることは集客・販促活動です。

フランチャイズなど、既にブランドがあるお店やマーケティングの成功例があるお店は別として、お店を始めて一番難しいと感じることは販促や集客だという人が多いです。

たとえば、カフェを開こうと思って、事業の準備をしているとします。カップは英国風のお洒落なカップにして、コーヒーはオーガニックで、沢山の笑顔があふれるカフェにしたい!このように夢が膨らみますよね。でも、どんなにお洒落なカップにしても、どんなに美味しいコーヒーを淹れてもお客様が一人もこなければ事業として成り立ちません。「そんな事あるの?」と思われるかもしれませんが、販促活動をしなければ、そのお洒落なカップも美味しいコーヒー誰も知られずに終わってしまう事だってあるのです。

集客・販促の第一歩は伝えること

企業で営業やマーケティングを経験した事が無い人は、お店を出して看板を出せば自動的に人が来ると思っている方も多いです。

集客の第一歩は、伝えること。

例えどんなに安くても、ものすごく便利な物でも、どんなに品質が良くても、その魅力が伝わらないと意味がありません。

また、例え多くの人にその魅力が伝わっても、そもそも必要がなければ買ってくれませんし、お金が無いとお金は払ってもらえませんので、買ってもらうべき相手に伝えないと意味がありません。

数打てば当るではダメ

では、どうたって伝えればいいでしょうか。どうすれば多くの人に伝えることができるでしょうか。

伝える方法としては、街に出てチラシを配ったり、インターネットでPRもできますし、お金があればテレビやラジオにCMを出す事もできます。

集客・販促の手段は沢山あるのですが、多くの人が適切な手段に気づかづに(選べずに)行き詰ってしまいます。

そうなると、とりあえず思いついた事を手当たりしだいやってみようとなってしまいがちです。しかし、「数打てば当たる」というやり方では、いくらお金や時間があっても足りません。

PDCAサイクルを回すこつ

集客・販促で成功するには、PDCA (Plan Do Check Action)サイクルを回す事です。そして、継続すること。つまり、目標とそこに向かうための作戦を練り、実行する。そして、見直しを行いながら再度実行することです。

思いついたこと手あたり次第をやってみるのではなく、調査・企画、計画をしっかり行い、計画通り行動し、成功や失敗した理由(原因)を見直すことです。うまくいかなかったら、再び調査・企画から始めます。この繰り返しです。

ポイントとしては、調査・企画に時間をかけることです。どのくらいというのはありませんが、貴方がこのくらいかなと思っていた時間の10倍位かけて行ってください。少し遠回りになるかもしれませんが、このPDCAのサイクルを回し続ける事が集客・販促で成功する近道であると言えます。

まずは、調査や企画から、ぜひ実行してみてください。

ワードプりす
お気軽にお問合せください ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る