【Googleアナリティクス】データが削除される?5月25日までにやるべきこと

Googleアナリティクス管理者の方には、4月初旬にこのようなメールが届いているかと思います。

タイトル:【ご対応ください】Google アナリティクス データの保持と一般データ保護規則に関する重要なお知らせ
GoogleAnalytics

Googleアナリティクスで、2018年5月25日以降ユーザーが設定したデータ保存期間以前のデータはすべて消去される、とのアナウンスです。どういうことかといいますと、Googleアナリティクスでデータ保持期限の設定が追加され、デフォルトでデータ保持期限が26か月となっています。つまり、デフォルトのまま設定を変更しない場合、2018年5月25日以降、26か月前のデータが削除されることになります。2018年5月からEUで施行される個人情報保護の法律GDPR(General Data Protection Regulation)への対策として、このような仕様変更が行われたようです。

「せっかく蓄積したGoogleアナリティクスのデータが消える?」と心配になりますが、データ保存期限の設定を「期間無制限」に設定すれば、Googleアナリティクスにデータを削除されることはありません。会社の方針など特に制限がなければ、無制限に設定してデータが削除されないようにしましょう。

データ保持期限の設定

1. Google Analyticsにログインし、左下の「管理」ボタンをクリック
2.「プロパティ」の中にある「トラッキング情報」をクリックし、展開されるメニューの中にある「データ保持」をクリック
tracking
3.「ユーザーデータとイベントデータの保持」メニューが表示されます。
デフォルトではデータの保持期限が26か月になっています。「自動的に期限切れにならない」を選択して「保存」をクリックすれば完了です。
data-setting

まとめ

設定したデータ保持期限は、2018年5月25日以降有効になります。せっかく蓄積されたデータを削除されないよう、早めに設定しておきましょう。

投稿者プロフィール

shibuya
shibuya
WEBライター/広報@クリエイティブセンター柏。Webマーケティングに役立つ情報を発信していきます。趣味:ピアノ、ヨガ
お気軽にご連絡ください
ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。こんな事できるかな?こんな小さな仕事も頼めるかな?と迷われている方もお気軽にお問合せ下さい。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る