SEO外部要因を高めるポイント

SEOは「外部要因」と「内部要因」に分かれます。

SEOにおける外部要因と内部要因とは

検索エンジンがホームページを評価する要因として、ホームページの「外部要因」と「無内部要因」があります。

SEO外部要因は主に被リンクの質と量のこと

外部要因とは外部のサイトから貼られている外部リンク(被リンク)の事です。外部リンクとは簡単にいえば、他のホームページから自分のホームページに対してリンクを貼ってもらう事であり、この外部リンクの数が多いほど検索エンジンからの評価も高くなります。

しかし、ただ闇雲に外部リンクが多ければ良いというわけではなく、場合によっては検索エンジンからスパム行為と思われてペナルティを課せられることもあります。従って、SEO対策として、検索エンジンからの評価を高めるためには、外部リンクの数だけでなく、被リンク先の「質」も重要となります。

要するに、外部リンクを貼ってもらうサイト自体が検索エンジンから高い評価を受けている優良なサイトであれば、そのサイトからリンクを貼られているサイトの評価も高くなるということになります。

SEO外部要因を高めるポイント

検索エンジンからの評価を高めるためのSEO対策として外部要因の最適化を行うためのポイントは以下の3つです。

1.「外部リンクの数」
2.「外部リンクの質」、
3.「テキストによるリンク」

例えば、楽天やヤフーなどの有名なホームページからのリンクは高い評価を受けます。また、関連性の高いホームページからのリンクについても同様に高い評価を受けます。

検索エンジンはホームページ内のテキストを分析し評価していますので、そのテキストで外部リンクを貼ってもらうことで高い評価を受けることになります。

SEO内部要因も大事

SEO対策においては、外部要因とともに内部要因についても最適化を行う必要があります。

内部要因とは、ホームページを構成するHTMLとCSSの文法、ホームページの情報量、ホームページのテーマ(キーワード)、ホームページのディレクトリ構造および内部リンクの事です。

検索エンジンからの評価を高めるためには、内部要因と外部要因の一方に偏るとスパム行為とみなされることもありますので、バランスよく対策することが重要です。

ワードプりす
お気軽にお問合せください ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る