エックスサーバーの常時SSL化の方法

Googleは常時SSL化を推奨しています。一昔前はメールフォームやECサイトの申込時だけSSL化を行っていたのが一般的でしたが、企業や一般サイトの常時SSL化がSEO対策に影響を及ぼすことがGoogleより発表されているので常時SSL化を早めに設定する事をお勧めします。今回は、エックスサーバーの常時SSL化についてご説明します。

常時SSLとは

常時SSLとはWebサイトの全ページをHTTPS化(SSL/TLS暗号化)するセキュリティ手法で、主に以下の事が可能になります。

・サーバー間通信の暗号化
・ドメインが実在することを第三者が証明できる
・ドメインを取得している企業が実在することを証明できる

このように、SSL化を行う事で、ユーザーの情報を守り、ユーザーに安心感を与える事ができるようになります。

エックスサーバーの無料独自SSL設定方法

エックスサーバーは常時SSL化を無料で簡単に設定する事ができます。設定は本当に簡単です。

1.エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、メニューの「ドメイン」から「SSL設定」を選択します。
エックスサーバーの常時SSL化の方法3

2.次に、「独自ドメイン設定」のタブを選択し、該当のドメインを選びます。
エックスサーバーの常時SSL化の方法
3.「独自SSL設定を追加する(確定)」を押して完了です。
エックスサーバーの常時SSL化の方法

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」のチェックは入れなくてもOKです。

これで設定は終わりです。簡単ですね。

ここで注意なのですが、常時SSLの反映までに最大で1時間かかる事があります。反映を待たずに以下の設定を行うとサイトが正しく表示されません。1時間位待ってから以下の設定を行ってください。

httpsにパーマリンク設定

次に、httpをhttpsに自動で飛ばす設定を行います。

.htaccessの内容を以下に書き換え(追加)します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

ワードプレスのリンク設定

ワードプレスの場合は、管理画面よりリンク設定を行う必要があります。ダッシュボードの「設定」の「一般設定」にある、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の両方のURLをhttpsに変更します。
エックスサーバーの常時SSL化の方法

記事内のURL変更

ワードプレスのコンテンツ内のURL変更を行います。Search Regexというプラグインを使えば簡単に作業する事ができます。
>> Search Regex

この接続ではプライバシーが保護されません

ブラウザで「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーが表示されたら、先ほどの注意に書いた通り、SSLの反映に時間がかかっている場合があります。慌てずに反映されるのを待ちましょう。
エックスサーバーの無料独自SSL設定方法

いかがでしたでしょうか。近い将来常時SSLは当たり前になになると思います。現時点でのSEO対策にもなるので是非早めに行いましょう。弊社でもSSL化サポートを行っています。詳しくはお問い合わせください。

脚注

エックスサーバー:https://www.xserver.ne.jp/

ワードプりす
お気軽にお問合せください ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る