【Web制作】ヒアリングで最初にお聞きすること

まずはホームページの目的を明確にしましょう

弊社では、ホームページの制作やリニューアルを行う場合、きめ細やかなヒアリングを行っています。その中で一番大事にしているのがホームページを出す目的です。

ホームページを掲載する目的は何でしょうか?

<よくある目的>
・アクセス向上
・ブランディング向上(閲覧者に企業イメージを植え付ける)
・お問合せやお申込み(お見積り/購入/ダウンロード)件数向上
・コミュニケーション活性化(掲示板や会員同士の会話など)

いかがでしょうか?どれかに当てはまりませんか?全部あてはまるという方が多いのではないかと思います。

関連記事→ホームページの目的・目標は明確になっていますか

成果をあげるホームページにするために

このように、お客様は潜在的に何等かの成果を求めているのですが、見た目の美しさなどのデザイン性や表示の精度について目が行きがちになり、本来の目的を見失っている場合が多いです。もちろん、デザインも大事なのですが、ヒアリングでは、期待する効果や目的を伺い、対話を重ねて、成果を最大限あげるにはどうすればいいかを導き出します。

デザインとマーケティングはリンクしています。色や形、大きさ、レイアウトなどのデザイン要素が変わるだけでブランディングや売り上げに強く影響を与えます。デザイン要素を決めるにはホームページのコンセプトが明確になっていないとなりません。

誰に・何を・どうやって伝えるか

コンセプトとは、簡単に言うと想定するターゲットのニーズに、自社の強みや差別化された商品や技術を使い、どうやって応えるのかという事です。コンセプトが明確であればあるほど、ビジネスがホームページのデザインや機能と一体となり、メッセージが顧客の心に刺さり、ホームページの成果も上がりやすいです。逆に、コンセプトが不明確だと、デザインも機能もぼんやりしていて、成果の上がりづらいホームページになってしまいます。

弊社では数種類のヒアリングシートを準備し、お客様の課題やステージに合わせて用いています。コンセプトのパーツが一つでも欠けると成果の上がらないホームページになってしまうので、ヒアリングを重ねてコンセプトを明確にしていきます。コンセプトが定まったら、ビジネスの成長戦略に合わせたホームページの成長プランを構築していきます。ここでようやくデザイン設計が始まります。

起業して間もない方や、営業を改革したいといった方はコンセプトが定まっておらず、「もやもや」としている場合がほとんどです。弊社はこういったお客様の「もやもや」を解きほぐしてコンセプトを明確にし、成果のあがるホームページを制作するように心がけています。

まとめ

このように、弊社ではマーケティングとWEB運営の専門家がヒアリングを行い、成果の上がるホームページのお手伝いを行っています。貴社のホームページはどうでしょうか?デザインばかりに目が行っていませんか? 本来の目的に立ち戻り、マーケティング視点でホームページの設計を行いましょう。

投稿者プロフィール

shibuya
shibuya
WEBマーケティング@クリエイティブセンター柏
Webマーケティングに役立つ情報を発信していきます。趣味:ピアノ、ヨガ
お気軽にご連絡ください
ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。こんな事できるかな?こんな小さな仕事も頼めるかな?と迷われている方もお気軽にお問合せ下さい。
お申込み・お問合せ
 ←ワードプレスで悩んだらぜひお試しください
トップへ戻る