「アップロードサイズ上限を超えています。」というエラーに対して、メディアの上限を変更して30M以上にする方法

ワードプレスでサイズの大きな画像など、メディアの追加で大きなファイルを追加しようとすると「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています。」とうい警告が出てしまうことがあります。
今回は、この警告が出てしまった場合の対処法をご紹介します。

アップロードサイズ上限の確認方法

まずは、自分のサイトのアップロードサイズの上限を確認してみましょう。
管理画面の[メディア]-[新規追加]でメディアのアップロード画面を表示します。画面の下の方に、最大アップロードサイズが表示されています。追加しようとしているファイルのサイズがこれよりも大きい場合は、アップロードができません。

アップロードサイズ上限の変更方法

最大アップロードサイズよりも大きいサイズをアップできるようにする方法をご紹介します。実は、最大アップロードサイズの変更はワードプレスの管理画面では変更することができません。サーバー側で「PHP.ini」という設定で「post_max_size」と「upload_max_filesize」を操作する必要があります。まずは、主要なレンタルサーバーで最大アップロードサイズを変更する方法をご紹介します。

エックスサーバーの場合

サーバーパネルにログインし、[ホームページ]-[php.ini設定]を選択します。表示されたドメイン選択画面で、設定しいドメインを選択します。表示されたphp.ini設定画面の下方で、「post_max_size」と「upload_max_filesize」のテキストボックスで、変更したいサイズ変更すればOKです。

さくらのレンタルサーバーの場合

サーバーコントロールパネルにログインし、[アプリケーション設定]-[PHP設定の編集]を選択します。テキストボックスに下の画像のように、変更したいサイズを書き込み、保存します。

post_max_size = 50M
upload_max_filesize = 50M

ロリポップの場合

ロリポップの場合、php.iniの設定ページから設定を行おうとすると、20Mか2Mしか選択できません。もしも、最大サイズが20Mでいい場合は、ユーザー専用ページで変更するのばお手軽です。

ユーザー専用ページにログインします。[サーバーの管理・設定]-[PHP設定]を選択します。ワードプレスがインストールされているドメインのphp.ini設定を選択します。「upload_max_filesize」ので20Mを選択し保存します。

それ以上にしたい場合は、.htaccessファイルに記載するという方法があります。php.iniの設定画面の「php_value, php_flagを利用可能にする」を「On」にします。

「.htaccess」に下のように、変更したいサイズを書き込み、保存します。

php_value upload_max_filesize 30M
php_value post_max_size 30M

その他の場合

サーバーパネルからpnp.iniの編集方法が分からない場合、php.iniファイルの場所が分かっていればFTPソフトなどでアクセスし、直接ファイルを編集するという方法もあります。
ファイル内で「post_max_size」と「upload_max_filesize」が記載されている場所を探し、ファイルサイズを変更すれば大丈夫です。

ただし、このファイルは破損するとワードプレスが上手く動かなくなってしまうことがあるので、作業を行う前にしっかりバックアップを取っておきましょう。

メディアの上限を変更して快適にサイト管理を

サーバー側の設定を変更したら、ワードプレスでアップロードサイズ上限を確認して、きちんと変更されているか確認しておきましょう。記事を作成するときに、エラーが発生すると快適に作業を進めることができないですよね。大きなファイルをアップロードする場合は、設定を変更してみてください。

お気軽にご連絡ください
ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。初回のお打合せは無料です。こんな事できるかな?こんな小さな仕事も頼めるかな?と迷われている方もお気軽にお問合せ下さい。
お申込み・お問合せ
トップへ戻る