コンテンツ・マーケティング

Webコンテンツを作る際は、無意識に他のサイトから文章を引用していたり、どうしても競合のものと似てしまう可能性もあります。それがつもり積もって知らないうちにgoogleからペナルティを受ける可能性があります。

パンダアップデートとは

他のサイトのコンテンツをコピーしただけの役に立たないサイトや、ユーザにとって価値のないサイトなどの質の悪いコンテンツを検索結果上位に表示させないためのGoogleの検索アルゴリズム・アップデートの事をパンダアップデートと呼びます。

無料ブログは「無料」である理由を理解する

最も多く受ける質問です。本格的な集客を期待するならば有料のサーバーを借りる事をオススメします。技術的なこと(デザインや文章のことではなくプログラムや機能のこと)なのですが、そもそも、FC2やアメブロなどのブログサービスは、プログラムとしては「できあい品」なので、本格的な集客は期待しない方がいいでしょう。

Web更新は多ければ多いほどいい?

更新頻度は一般的には多ければ多いほどいいと思います。閲覧数の多いサイトというのは、気づくと更新されていることが多いものです。見るたびに有益な情報が掲載されているとなれば、その閲覧数もおのずと増えてくるものです。(だからといって文章や内容を考えずに取りあえず文字やキーワードを増やす事だけに意識するような更新は逆効果になりますのでご注意ください。)
パイレーツアップデートとは何でしょうか。また、対応はどうすればいいですか?

パイレーツアップデートとは

パイレーツアップデートとは、Googleが、著作権を侵害しているWebサイトの検索結果におけるランクを下げるなどの評価や判断手法を改定する事です。(パイレーツは盗賊ですね)
パンダアップデートとは、主に、品質の悪いコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするためのGoogleの検索アルゴリズム・アップデートの呼称です。 例えば、内容が一貫されていなかたり、意味をもたない文章だったりするページやサイトが対象になります。ページ数の少ないサイトでその一部分だけを更新していたり、テーマに一貫性のないサイトもパンダアップデートと見なされる傾向にあります。 通常のコンテンツを作成する際はあまり気に無くていいですが、SEO対策やサテライトサイトの制作を積極的にされている方にはパンダアップデートの注意が必要です。個人/自社でSEO対策を行う場合は、以下の点にご注意ください。
Jimdoとワードプレス、どちらも個人からビジネスで本格的に利用できるブログなのですが、どちらが集客に効果があるのでしょうか。 どちらもメリットとデメリットがあるので好みは分かれますが、ウェブサイトの本質は中身、つまり、コンテンツにありますので、どちらのCMS=入れ物を利用した方が集客に有利というものはありません。つまり、どちらの仕組みを選んだとしても「内容次第」ということになります。