「もしかして、WordPressがハッキングされた?」と思ったら、簡単にできるチェックサイトを紹介

「もしかして、WordPressがハッキングされた?」と思ったら、簡単にできるチェックサイトを紹介

WordPressはとても使いやすく世界中のサイトで多く使われているサイトです。しかし、その利用率の高さから、ハッキングの対象になってしまうなどの被害があることも事実です。

そこで、いざ自分が管理しているWordpressがハッキングされたかもしれないという時に備えて、無料で簡単にチェックできるサイトをご紹介します。

WordPressがハッキングされるとどうなる?

どんな症状がサイトに現れた時にハッキングを疑った方がいいのでしょうか?Wordpressがハッキングされると、次のような兆候が表れます。
・サイトにアクセスするとほかのサイトに転送される
・見覚えのないサイトへのリンクが挿入される
・サイトの表示が極端に遅くなる
・スパム広告がポップアップされる

運営しているサイトに上のような症状が現れた場合は、サイトがハッキングされている可能性があります。ほかにも、サーバー上に見覚えのないファイルがあるなど、少しでも「おかしいな」と思ったら、ハッキングされていないかチェックを行うことがおすすめです。

Google セーフ ブラウジングのサイト ステータス

Googleではセーフブラウジングという機能を提供しています。ウェブサイトを閲覧しているときに、ユーザーが危険なサイトにアクセスしようとしたときにブラウザが警告をしてくれる機能です。

Googleの「サイト ステータス」では、URLを入力するだけでそのURLのウェブサイトが現時点でセーフブラウジングで安全かどうか確認することができます。

Sucuri Security

セキュリティサービスを提供しているSucuriでも無料のウェブサイトのセキュリティチェックとマルウェアをチェックしてくれるスキャナーを提供しています。

こちらもURLを入力するだけで既知のマルウェア、ウイルス、悪質なコードなどをチェックしてくれます。英語のサイトになっていますが、操作や結果が見やすく表示されるので、英語が苦手な場合でも簡単に使えるようになっています。

今回ご紹介したサイトはいずれも無料で簡単にチェックできるサイトです。
また、ハッキングをされる前に普段からサイトをハッキングをされないように備えることも大切です。「WordPressをハッキングから防ぐ、今すぐできる簡単な方法」で、Wordpressをハッキングから防ぐ方法をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。