Web集客Q&A

SEO対策の点ではディレクトリ登録はしておいた方が良いと考えられます。 特に、Yahoo!やエキサイトなどのディレクトリ登録は利用しておいて損はないでしょう。 一般的なSEO対策としては、出来る限り信頼できるサイトの被リンクを持っておいた方が有利になります。ディレクトリ登録をされるということは、Yahoo!やエキサイトのサイトからのリンクを貰うことができるということですから、その効果はとても大きいものだと考えられます。
オーサーランク(Author Rank)とは、Googleの検索アルゴリズムの一つで、WEBサイトのオーサー(著者の事)の評価の事をいいます。

Webサイト制作者の信ぴょう性や信頼性

ネット検索をした時に検索結果のリストに顔写真が表示される場合があります。この上位に表示されるアルゴリズムに導入されるのがオーサーランクです。ウェブサイトの作成者、またはコンテンツの作成者の評価が機会によりされています。
Web集客の手段の決め方手段について。先ほどお知らせした、「5つの販売促進手段」と「5つのWeb集客手段」の中から手段を決めるのですが、決めるための判断材料をお伝えします。一つの視点で決めるのではなく出来る限り多くの判断材料を用意し、総合的な判断をする事をオススメします。もちろん、目標を達成するための手段である事を忘れないで下さい。 Web集客の手段は複数選んでおく事をお勧めします。一つに絞る事は効率が良いですが、その手段がダメになった場合のリスクを考えて、別の手段を平行して進めるといいでしょう。また、Webで集客を行い、展示会や講習会に来てもらった人にフェイスブックに参加してもらい囲い込みを行うなど、Webとリアルを連携させるやり方もあります。このように様々な組み合わせが考えられます。

アンケート回答内容 [su_accordion] 1.記事の内容 いくらデザインが良くてもコンテンツがわからなかったらページに滞在してくれることはない いくら見栄えが良く、また、最新の内容でも、記事が面白くなければ、読書ははなれていくから インパクトのある内容の記事をターゲットとなる顧客に伝える事が大事だと思います。 オリジナルな文章となるように心がけている。 かつてのSEO対策はむやみにキーワードを並べるだけのものが目立ちましたが、現在は内容も重視されるようになっているので。 [su_spoiler title="もっと読む" style="fancy" icon="plus-square-1"]   サイトの閲覧者に一番アピールできるポイントは記事の内容だと考えるから。 デザインよりも記事の内容をチェックする人が多いと思うから。 ネットというのが「玉石混淆の集合知を電子化したもの」であるとすると、読み手の都合を考えれば「内容勝負」であることは最初からわかっているから。別な書き方をすれば、人は「意味のないものに価値は見いださず、価値のないものに意味はない」と考えるため。 まず内容有りき。内容が面白くなければ意味がない。 やはり見に来る人に取って役に立つような情報配信が大事だと思うから やはり内容がつまらなければリピータが来ないから。 やはり内容が良くないと観覧する人が少ないと思います。 より充実した内容の記事を掲載することで、サイトの閲覧者を満足させることができるから。 リピーターを増やしたかったので、できるだけ良い記事を書こうと心がけた。 一度だけ見てくれればいいサイトではなく、定期的に訪れてくれるユーザーを獲得したいので、記事自体に価値がないと意味がないため。 一番のSEO対策はサイト内のコンテンツの充実だと考えているので、独自性のある記事を作成するように心がけている。 一番大切なことだと思うからです。 可能な限り面白い内容を提供し続けなければサイトにアクセスしてもらえないから 記事の内容が充実していないと、誰も見ないから。 記事の内容が濃くないと、アクセス数が増えないと思ったから 記事の内容が薄いとSEO効果が得られにくく、顧客様の反応も薄くなるため。 記事の内容が面白ければ、サイトの閲覧数が増えておのずと検索上位に上がるから 記事の内容でどれだけ集客出来るかが決まるから 記事の内容によってサイトを、覗いてくれる人が増えたり減ったりするからです。 記事の内容の中身が最も大切なので。 記事の内容をしっかりするようにしています 記事の内容をしっかり書くことを重視してます 記事の内容をまず充実させることが必要と考える。 記事は人が必ず見るので、とても大切になってくるからです。 興味をそそる記事でないと誰も見てくれないから。いかに興味をひく内容であるかの見極めが必要。 興味を持ってもらえるような内容が必要だから 検索して欲しいキーワードを記事内に盛り込むことで、順位が上がったため。 見ていただく人の立場になって考えると内容を見やすくかつ身近なものをとりあげていくことが大事であると思った。また簡単明瞭な内容で人を引き付けることができると思う。 更新頻度も高いに越したことはないが、やはり検索されやすい内容、キーワードを含んだ記事の方が、長い目で見ると効果があると思うので。 今みんなが気になることや、記事の内容から検索に引っ掛かりそうな内容を書いたりしてるから。そちらの方が人が集まることが多いから。 自分が書いてて面白いことが一番重要。 自分の責任の下で判断できるから。 社会人の興味や関心を集める内容の記事にしたい。 主な更新が直近のお知らせばかりでして、更新するのが精いっぱいになっています。 新しく記事を追加するときは、記事の内容を最も重視して書いています。 人の目を引くデザインも大事ですが、最終的に買ってもらうためには内容が最も大事だと考えます。 相手が読みたいと思うような記事を書きたい 多くの人が興味を持つ内容だと閲覧数が増えるし、話題になりやすいから。 多くの人にみてもらえるように、いろいろ、とりくみます。 多くの読者に読んでもらい、アクセス数を上げるため 中身のある内容が一番良いと思っているから。 中身の無い内容に需要はないと考えているため。 伝えたいことがあるときは追加しますが、何もなく意味のないようなことをあまりダラダラとは、書かない方です。 伝えたいことを詳しくそして、簡潔にまとめることにより分かりやすくするため。 伝わりにくいと、順位だけあがっても意味がない 読み手に対してのメリットが重要だからです。 読む人に伝わりやすい文章にする。 読んでもらう人に飽きずに、おもしろく読み続けてほしいから。 内容がしっかりしていれば、顧客が安心してアクセスしてこられるから。 内容がないとサイトとしての存在価値がないので。 内容が興味をひけば効果的だと思ったから 内容が良ければ良い評価をしてくれる人がリピーターになってくれるからです 内容の無いサイトは閲覧者にとって時間の無駄でしかない 内容をしっかりしてページセッション時間が上がるとseoが強くなってる感じがある。 必要とされている、あるいは一般受けするような情報の提供が結果的に閲覧数や訪問者数の増加に繋がると考えているから。 面白くないと読む人はいないと考えるから。 量より質。正確な情報を伝え、常連をふやしたい。 [/su_spoiler] 2.記事数と更新頻度 いくら魅力的な内容でも、更新が途絶えていると客足は遠のく。ページのデザインは見る側に見やすければいいのでは。呟きでも写真一枚でも定期的な更新が一番リピーターがついてくれる。外側だけ凝っていて中身が薄いとすぐ飽きられる。 キーワードとそれに関係する文章が大事だと聞いているから。 サイトは飽くまでも静的なものであるが、唯一日々動的と見えるのがブログやそのサイトに関連した情報記事であり、その内容如何が有用なものであれば顧客獲得にも繋がる。更新頻度についても毎日投稿、決まった時間に投稿が望ましい。 ずっと更新がないと飽きる。更新頻度は高い方がいいと思う。 とにかく細めな更新を心がけています。閲覧者を飽きさせないことです。 [su_spoiler title="もっと読む" style="fancy" icon="plus-square-1"] なるべく豊富な記事と更新頻度があると人々の目にも止まり易いから もちろん記事の内容も大事ですがあまり更新しないサイトは情報が古いということと同義なのでそういう意味では更新頻度が重要かと感じます。 一番簡単に行うことが出来るからです。 記事が何カ月も前のものだと参考にならないので。 記事が新しくなければ見る人の興味も薄れてしまうから。 記事数に比例してpv数が増えていった。 記事内容も重視するが、記事の数と更新頻度が高くないと見てもらう人に飽きられてしまう。 結局更新頻度の高いサイトの方が、他のどんなSEO対策をするよりも検索順位を上昇させる効果がある事が分かったから。 検索エンジンから更新している活発なサイトと評価されるために、サイト更新頻度を意識的に多くしてGOOGLE等へのPING送信回数を多くしています。 見る人に新鮮なイメージを与えたいから。 更新がきちんとあることがリピーターをつかむことにつながると思うので 更新が多いと、その分、人に見てもらう回数が増えるから 更新のスピードとタイミングによってアクセス数が変わるため 更新回数が多いと検索に引っかかりやすくなるとネットなどで読んだので、更新回数は気にしています。 更新頻度が下がると明らかにアクセス数が落ち、また常連も見に来なくなることが実感できたため。 更新頻度が高いほど、サイトを見に来てくれる人が多くなると考えるから。 更新頻度が多い方が見る回数も増え順位も少しは上がるから。 更新頻度でコンテンツが充実していると判断されているため。 始めたばかりなので、最低限、更新頻度を上げる努力をしている。 常に記事を更新することでアクセス数が増え情報を認知してもらえる 常に更新されていて最新情報が手に入る。 新しい記事の掲載と更新をこまめにやる事にしています。 数が多ければ多いほど情報も増え、また更新頻度を上げればそれだけ見に来てくれる方が増えるからです。 長い間更新されていないホームページは、自分でも定期的に見る気はしない為。 定期的なページボリュームの増加と重複しないテキストで大概は評価されると思われるため。 定期的にこられる方もいるので、2.3日に一度は何らかの記事を更新したいから。 有用な記事をできるだけ多く、定期的にアップしていくことが究極のSEOだと考えている。 [/su_spoiler] 3.ページのデザイン お客様からみて、デザイン性は重要視すべきだと思うため。自分が顧客の立場として、デザインで惹かれることがある。 ゴチャゴチャして読みにくかったら、その後の訪問者数に期待できなくなってしまうから サイトの内容上、デザインが一番優先されるため。 デザインが見にくいと、いくらその内容がよくても見る気になれないから。 [su_spoiler title="もっと読む" style="fancy" icon="plus-square-1"] デザインによって見る人の気持ちを引き立てると思うからです。 ページのデザインが悪いと見ずらくなるので。 ページのデザインが良いと、第一印象が良くて印象をもたれやすいと思う ページのデザインは、見た目や見易さといった閲覧者への最初の接点になるため ページのデザインを充実して欲しいです まずは内容よりもインパクトで目を引き付ける必要があるから まず相手の目を引くことが重要だと思うから。 やはり見た目が大切だと思ったから やはり見た目の第一印象が肝心だと思う。 一番最初に惹き付けることが大事と考えている 楽しんでサイト運営をしているので、デザインを最も重視します。 記事の内容はもちろんだが、やはりデザインが独特だったりするとちょっと見てみたくなるというのがあるため 記事の内容も大事だけど見た目が良くなければ見てもらえないので 記事の内容よりも、まずはデザインで人をひきつけないと読んでくれないから。 見やすくないと誰も読んでくれなさそうなので。 新規ビューを増やすにはやはり第一印象が重要であると考える。 内容が良くても第一印象のイメージで読む気が変わると思うから [/su_spoiler] 4.情報を伝える人のペルソナを考える どんなひとを対象に記事を書くかを考えることは重要で、そうでなければ独りよがりな文章でただの愚痴みたいになってしまうと考えています 閲覧する相手の年代や価値観や志向を考え、満足を得てもらえるような記事を掲載することでアクセスアップにつながるから。 情報を伝えたい人・対象によって、記事の内容や表現法も異なるため。 伝える人の年齢層などターゲットを絞ることが大切 利用者の属性を考えることがもっとも大事である(開設していたサイトは女子高生を中心の利用者と考えた携帯電話サイトである)。最初はデコメや着うた着メロ中心だったが「恋愛に関心があるのでは」と考えて恋愛ゲームを集めたページを試しに作ったところアクセスが急に増え収入も徐々に上がった経験がある。利用者の身になってサイトを作ったり文章を書くことが大切。 [/su_accordion] 調査背景 企業のWeb集客は、コンテンツを重視する流れになっています。そのような中、サイト運営者が意識しているポイントは何か、また、その理由などを知り、企業におけるWeb集客の改善に貢献することを目指しております。 データの引用・転載時のクレジット表記について 本調査結果の引用・転載の際は、必ず「株式会社ネクスト・アクション」という記載、ならびに、Web媒体の場合は当サイトへのリンクを明記くださいますようお願い致します。 リンク URL:https://next-action.co.jp/blog...

ワードプレスとブログサービスは何が違うのか・どちらが良いのかという質問をよく受けます。

見た目での判断は難しい

デザイン性が高いブログサイトもあれば、デザイン性の低いワードプレスサイトもありますので、普通のサイトを見せてこっちがブログで、こっちがワードプレスだよと言われても、恐らく違いが分からないと思います。
リスティング広告は効果があると言われているけれど「何から始めていいか分からない」という方に、リスティング広告の心構えと準備の方法をお知らせします。

リスティング広告とは

まず基本的なことから説明します。リスティング広告とは、有料Webマーケティングの一つで、検索エンジンで検索をすると画面上部や右側に企業の広告を表示させる事ができます。
この質問は当ホームページで受けた質問です。 ホームページの公開おめでとうございます。ホームページを公開することはお店を出すことくらいにとても大事なことだと思います。デザインやプログラムは決してやすいものではありませんし、なによりも、お金も企業の思い入れが表現されたものですから、ぜひ大切にしていきたいですね。
当サイトに投稿された質問にお答えします。 「被リンク対策で検索上位が狙えますか?」という質問です。 結論からいうと、正しい方法で行えば効果はあります。被リンクが増えるということは、サイトが外部から評価を得ているという判断材料の一つなので、サイトの価値を高めるためには必須とも言われていることです。

Webアクセス解析とは

Webアクセス解析とは、サイトにアクセスした閲覧者の解析を行うことです。Webアクセス解析では、どこからアクセスして来たか、どういうリンク先から来たか、IPアドレス、時間、回数、ブラウザ、国名などまでを全て把握することが出来ます。また、そのサイトへアクセスした具体的なキーワードを入れてアクセスしたかも把握が出来ます。さらに、時間帯や曜日などの違いによってアクセス数の推移や違いがあるかも、グラフ上で表示可能なアクセス解析ツールもありますので、視覚的に素早く把握できるメリットであり、Webサイトの運営上で非常に役立つものです。
重複コンテンツは検索エンジンからペナルティを受けると聞きましたが、重複コンテンツとその対策を教えて頂けますでしょうか。

SEOにおける重複コンテンツとは

重複コンテンツとは、一般的にWebページの構成や記載されている内容など、情報が完全もしくはほとんど同じ状態のコンテンツの事です。Webページは、書籍などと異なり、同一のコンテンツが複数存在していてもその価値が低いと判断されやすく、検索エンジンの結果から除外されたり、悪意がある状況ではペナルティを受けてしまう可能性も考慮しておかなければなりません。
アメブロとはサイバーエージェントが運営するレンタルブログサービスで、多数ブログサービスがある中で日本で第1位のブログサービスです。全体会員数は約2000万人でありブログのユーザは2009年では115万人/月であり大変人気の高いブログです。 中でも有名人のブログが人気で、そのほか、ファッションや趣味、日常にあったことなどを日記が多いです。ブログを掲載することで、そこから知名度が上がり集客効果が得られることで多くの有名人が利用しています。
ロングテールキーワードを使って検索上位になったけどアクセスが増えていないのは何故でしょうか?

ロングテールキーワードにこだわりすぎていないか

まず、ロングテールキーワードは一般的にはあまり検索されないワードだという事を意識しておくことが大切です。したがって、SEO対策を行って検索上位に上げたとしても、サイト自身に魅力がないとなかなか一定以上に閲覧数は増えていかないという事は良くある話です。
Webコンテンツを作る際は、無意識に他のサイトから文章を引用していたり、どうしても競合のものと似てしまう可能性もあります。それがつもり積もって知らないうちにgoogleからペナルティを受ける可能性があります。

パンダアップデートとは

他のサイトのコンテンツをコピーしただけの役に立たないサイトや、ユーザにとって価値のないサイトなどの質の悪いコンテンツを検索結果上位に表示させないためのGoogleの検索アルゴリズム・アップデートの事をパンダアップデートと呼びます。

無料ブログは「無料」である理由を理解する

最も多く受ける質問です。本格的な集客を期待するならば有料のサーバーを借りる事をオススメします。技術的なこと(デザインや文章のことではなくプログラムや機能のこと)なのですが、そもそも、FC2やアメブロなどのブログサービスは、プログラムとしては「できあい品」なので、本格的な集客は期待しない方がいいでしょう。