ショルダーネーム作成方法~実際の手順~

実際の作成手順が明示されていなかったので簡単にまとめます。
注意点などを細かく知りたい方は、「ショルダーネームとは 」を目次代わりにご利用いただき、気になる記事をご参考ください。

ステップ1
まずは自店の特徴だと思う言葉をいっぱい書き出してください。
目標は30個以上、意味の同じ言葉でも構わないのでとにかく書き出します。

ステップ2
書き出した言葉のグループ分けをします。同じような意味、お互い連想しうる言葉(「ふるさとの味」と「手作り」など)を同じグループにしてまとめてください。

ステップ3
グループから1個のみという制約のもと、2~3個言葉を選んで、意味の通じる短文を作ります。
グループから1個のみ、というのは、同じ意味の言葉を重ねるよりは省いて短くした方がいいからです。

この際、以下に注意してください。
・自店のサービス・特徴が伝わる文であること
・他店と差別化できそうであること
・修飾語が追加されると思いますが、その際でも全体で20字以下に抑えられていること

ステップ4
想定している掲載エリアで差別化が出来ているか調査します。
リアルの看板であれば、1km圏内のお店の調査、ネットであれば掲載先で自店を探すつもりで検索をかけた後のリストを参考にしてください。

ステップ5
一旦冷静になって、作成した文章で意味が通じるか?店で一番お勧めしたいメニューがその一言で思い浮かぶか、確認してください。

ステップ6
語感などの調整をします。当然キャッチーな方がいいですが、無理やりひねりだすよりは、シンプルにわかりやすさだけを追求した方が良い結果が得られます。

ステップ7
どなたかの協力を得て、意味が分かるか、お勧めのメニューが連想できているか、確認してください。
ここでつまづいた場合は、ステップ1から見直して、足りないと感じたところから再挑戦してください。
クリアできれば、それがステップ4で調べた範囲で有効なショルダーネームです。

それほど難しくはなさそうなのですが、実際にやってみると「ステップ5」をクリアすることが結構難しいと思います。ですが、お店の軸が決まるため、その後の活動は格段にやりやすくなります。是非挑戦してみてください。

投稿者プロフィール

小橋 信行
小橋 信行
品質管理担当/農学博士 品質向上とコスト削減を同時に実現する新手法の開発者 食品会社の経営経験有