簡単!読んでもらえるブログタイトル6つのポイント

膨大なインターネット情報の中で、ブログ記事のタイトルを一目見て「これは自分にとって読む価値がありそうだ」と判断してもらうには、タイトルのつけ方が非常に重要です。ターゲットを惹きつけるタイトルをつけるポイントをまとめました。

一番のポイント、「一瞬で」役に立つ記事だと伝わるタイトル

タイトルは「一目見て」役に立つ情報であることが伝わるように意識しましょう。人は何かしらの疑問や悩みの解決策を求めてインターネット上を検索し、「自分にとって役に立つ」と判断すると記事を読みます。人はタイトルを見て一瞬でこの判断を行いますので、「一目見て」役に立つとわかることが重要なのです。~の理由、~の方法、~のテクニック、などの言葉を使うのが効果的です。

ターゲットがわかるキーワードを入れる

ブログは「たった一人のターゲット」をイメージして書くと、メッセージが強く伝わりやすい記事になりますが、そのターゲットをタイトルでもわかりやすく伝えることで、人に「これは自分に向けて書かれた記事だ」と判断され、記事が読まれる確率が高まります。「~業界の」「~のプロ向け」といったターゲットを具体的に伝える言葉や、「入門編」「実践編」などレベルがわかる言葉を入れるとよいと思います。

タイトルはキャッチコピーであることを意識する

ブログのタイトルは、いわば記事の魅力を伝えるためのキャッチコピーです。キャッチコピーの役割は、商品そのものよりも「その商品を使うとどんなメリットがあるのか」を伝えることです。気軽さ、新しさ、限定感など、「この記事を読むとどんなメリットがあるか」が伝わるタイトルを心がけましょう。「消費者心理」「注意!」
といったインパクトのある言葉を入れるのも効果的です。

数字を入れる

タイトルに具体的な数字を入れると、記事を読むことで得られるメリットを具体的に思い描くことができます。(~%の方が購入する、出世する人がやっている~の方法、など)。31%よりは31.5%など、データや数字をできるだけ詳細にすると説得力が増します。

簡単さを伝える

何かの解決策について書かれた記事であれば、その解決策が「今までよりも簡単な方法」であることが伝わるタイトルにしましょう。インターネット検索により何かを解決したいと思っている人は、簡単ですぐに結果がでることを好みます。タイトルに「最低限」「基本の」などの言葉を入れ、「従来よりも短期間で、楽に何かを達成できる」方法が書かれた記事であることが伝わると、読んでくれる確率が高まります。

ターゲットのレベルに合わない専門用語は使わない

タイトルに知らない、わからない言葉が入っていると、その記事は「自分が読んでも理解できないだろう」と無視されてしまう可能性が高いです。記事を読んでほしいターゲットのレベルに合わない専門用語は入れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ブログ記事を読んでもらうには、検索上位に表示されるよう技術的に工夫することはもちろん、一目で人に「読んでみたい」と思わせるタイトルをつけることが重要です。せっかく人の役に立つ記事を書いても、読んでもらって最終的にビジネスにつながらなければブログを運営している意味が薄れてしまいます。記事を書き終わったら、その記事の魅力が伝わるタイトルを十分吟味しましょう。

投稿者プロフィール

shibuya
shibuya
WEBマーケティング@クリエイティブセンター柏
Webマーケティングに役立つ情報を発信していきます。趣味:ピアノ、ヨガ
トップへ戻る