ワードプレスのSEO対策で取り組むべきこと

ワードプレスのSEO対策で取り組むべきこと

ワードプレスのSEO対策で取り組むべきこと

こんにちは、ワードプレス活用アドバイザー数藤です。先日、またSEO対策の罠にはまってしまった方がいました。これ以上の被害者は増やしたくないのでまた触れたいと思います。

このブログで「ドーピング的SEO対策はやらないで」と何度も伝えているのですが、またドーピング的SEO対策に失敗してしまった企業が現れてしまいました。

”ドーピング的SEO対策”とは、主にグーグルが禁止しているテクニカルなSEO対策を行って検索結果の上位を目指す行為です。ブラックハットとも言います。

今回ドーピングを行った企業の担当者は「3日で上位に表示されるようになった!」と喜ばれていたのですが、最終的に数か月間業者に大枚をはたいたにも関わらず成約件数はゼロ件という最悪の結果でした。その後も成果がでないのでSEO対策を打ち切りにされたようです。残ったものは何もありません。。

30位だった選手が突然1位になる?

ドーピングといえば、プロスポーツにおける筋肉増強剤が有名ですね。そういった薬物が使用されていないか取り締まりを行っているニュースもよく聞きます。SEO対策において、Googleもブラックハットなどのテクニカルに過剰なSEO対策を行うサイトを取り締まっています。

とはいえ、星の数ほどあるWebサイトを全て取り締まる事は無理なので、上手くすり抜ける事もできてしまいます。現にそこを利用したSEO業者様も沢山存在します。

確かに望み通りに検索順位が上がるかもしれませんが、それが成約につながるかは別の話です。「順位が上がった!」というだけで満足しても成果(成約)が無いとただの自己満足です。

マーケティングがしっかりしていないと意味が無い

結局はグーグルが言っている「 ユーザー にとって有益かどうか」に尽きると思います。例えgoogleの取り締まりをすり抜けても、ユーザーが望んでいる情報でなければユーザーは見向きもしてくれません。

最近では、SXO(Search Experience Optimization:検索体験の最適化)が大事だと言われていますが、選んだキーワードと結果表示されるページが一致しているかも重要です。ほかにも、「AISASのサイト導線ができているか」「ユーザーを信頼させる情報が掲載されているか」「申し込みたくなる仕掛けがあるか」など、成約を向上させるためにやるべきことは沢山あります。

例え筋肉増強剤でドーピングをしてスポーツ競技に出場しても、スポーツは「体」のほかに優れた「心」と「技術」が無いと良い結果は得られません。WEBサイトにおいても同様に、マーケティング技術や商売の心得のようなものが無いと良い成果は得られません

売れている店は●●している!

「うちは商品やサービスがいいからそんな事しなくても大丈夫なはず!」という方も多いですが、同様の事を思っている競合がごまんといるのです。

例えば、美味しいレストランを開こうとして、人通りの多い駅前にお店を開いたとします。しかし、例えお客様がお店の前に立ち止まっても看板とお店の雰囲気が違ったり、入り口が分かりづらかったり、挨拶がなかったりしたらお客様は帰ってしまいますよね。

ライバルから抜き出るにはマーケティングを向上させるしかありません。

「売れているお店」は売上を上げるために常に”お店の改善”を心がけています。同様に、「売れているWebサイト」は、常に”WEBサイトの改善”を心がけています。

思えば、今回ブラックハットを行って失敗された方は、WEBサイトを育てる事に共感をしていただけませんでした。googleは騙せても市場は騙せなかったのではないかと思います。

半年間真剣に”WEBサイトの改善”をコツコツ行う

弊社は、このように失敗してしまったお客様を多く接してきた結果、ドーピング的なSEO対策を行わずにコツコツとWEBサイトの改善を行い、自らWebサイトを育てる事をお勧めしています。

まずは指標(目標)を決めるといいです。検索順位や成約数の目標を立てて、アクセス数や直帰率の指標を見ながらホームページの改善を行いましょう。まずは自ら企てて、技術的は専門家のアドバイスをもらいながらPDCAを回していければ理想です。

ドーピングSEO対策を行っても何も残りません。残るのはむなしさだけです。WEBサイトの改善をコツコツ行えば成約が上がり、”マーケティング駆使能力”という大きな財産が残ります。具体的な手法は本ブログで公開しています。ぜひ、試してみてください!

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。