SEO対策はポートフォリオを組み複数のSEO対策を行おう

SEO対策はポートフォリオを組み複数のSEO対策を行おう

SEO対策はポートフォリオを組み複数のSEO対策を行おう

SEO対策は金融商品の購入と似ていると思います。様々な情報の中から、費用対効果の良い商品に絞り、ポートフォリオを組んで運用していきます。

金融投資には「ポートフォリオ」という考え方があります。一つの商品に絞るリスクを避けるために、現金、預金、株式、債券、不動産など、投資家が保有している金融商品の一覧や、その組み合わせの内容を指しています。それぞれ中長期的視点でポートフォリオを組みます。株だけ投資するにしても国内、アメリカ、新興地域、ベンチャーといった地域や業種でポートフォリオを組みます。為替にしてもドルだけではなくユーロやオーストラリアドル、元などといったポートフォリオを組みます。

インターネットの世界では、新しいサービスが生まれる度に「やれば誰でも儲かる」という時代が必ずありました。今ではホームページやブログ、SNSは比較的簡単に運営することができるので、同じことを行う人が増えています。「これだけやっておけば大丈夫」というのはなかなかありません。

SEO対策がうまくいっている企業は、自分たちが得意な方法やターゲットユーザーが使っているアプリなどを中心に幅広いマーケティングを行っています。ある人はフェイスブックを中心に、ある人はブログを中心に、最終的な成約の窓口としてのWEBサイトを育てている方が一般的です。また、一つの手法だけでは市場の限界があります。フェイスブックの利用人口やラインの利用人口以上にはなりません。それに、アプリやサービスが停止/終了するリスクもあります。

このようなことから、SEO対策のポートフォリオを組む事をお勧めします。市場を読み、Googleを研究し、自社の強みに合わせたSEO対策やマーケティングのポートフォリオを組み、費用対効果の高いマーケティングを実施します。実施したら費用対効果の分析とアクセス解析を行ってマーケティングを微調整していきます。

一番やってはいけないのは、一番楽な対策SEO対策だけを行ってアクセス解析を眺めていて何もしない事です。宝くじを買って「家宝は寝て待て」と言いながら仕事をしないのと同じです。運よく検索結果表示順位が上がっても成約につながらないことがほとんどです。最低でも3つ以上のSEO対策/マーケティングを行いましょう。できれば、日々手を動かす事をお勧めします。

Webマーケティングは「育てるもの」です。芽が出ない種を植えて眺めていても花は咲きません。どの種から芽が出るのかはやってみないと分かりませんが、種を沢山植えて成長を確認しながら手塩をかけて一番大きな実がなる方法を模索していく方法もいいと思います。ぜひ試してみてください。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。
お気軽にご連絡ください
ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。
お申込み・お問合せ