WEBサイトの更新頻度はどれくらいのペースが良いのでしょうか?

Web更新は多ければ多いほどいい?

更新頻度は一般的には多ければ多いほどいいと思います。閲覧数の多いサイトというのは、気づくと更新されていることが多いものです。見るたびに有益な情報が掲載されているとなれば、その閲覧数もおのずと増えてくるものです。(だからといって文章や内容を考えずに取りあえず文字やキーワードを増やす事だけに意識するような更新は逆効果になりますのでご注意ください。)

Webサイトのキーワードが増えるという利点

新しいサイトを訪問する際は検索エンジン経由でアクセスされることがほとんどです。したがって、アクセス数を増やすためにはこの検索エンジンでで上位に表示される事が大切な要素になります。これをSEO対策といいますが、サイトの更新頻度とSEOとは非常に密接な関係を持っています。

検索エンジンは閲覧者が検索したいキーワードを入力して検索しますが、そのキーワードもしくは関連する情報で新しい情報を上位に表示する傾向があります。その為、検索キーワードを予め予測し、このキーワードに関連する情報を更新していくことがサイトの閲覧率を高めるための更新方法といえます。

しかし、キーワードばかりを追いかけてサイトの統一性が無くなってしまうのではサイト事態としての魅力が無くなってしまい閲覧数が落ちてしまいます。大切なのは、サイトの一貫性を保ちつつ、更新頻度を高めていくことです。

そのためには、ホームページのコンセプトに合ったキーワードを見つけ出し、そのキーワードに関連した情報を定期的に更新していくことが重要です。定期的に更新することで、閲覧者は有益な情報が得られるという期待感からサイトをアクセスしてくれるようになります。例えば2,3日おきでも一週間毎でも、この定期性を持たせることが非常に重要です。

また、更新内容はサイトの内容と合致していることが非常に重要です。ブログに於いてもテーマを絞って閲覧していくことで閲覧者も情報に対する期待感と安心感が生まれるので、閲覧数が増える方向に働くのです。このように考えると更新頻度には決まったものはないのですが、定期的に行うという事と、内容に一貫性を持たせキーワードをしっかりと定義することが重要といえるでしょう。

読み手に合わせた、適度・適量なWeb更新

ほかにも、閲覧者が読みやすい時間帯や頻度などを考慮して、週刊誌や月刊誌のように、毎回決まった曜日・時間に発行する良いと思います。例えば、飲み会の情報を発信するならば、毎週金曜日19:00に送るといった感じです。

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。