WordPress 5.9ついにリリース!気になる新機能『フルサイトエディタ』とは?

WordPress 5.9ついにリリース!気になる新機能『フルサイトエディタ』とは?

日々更新を続けているWordPress。2022年1月26日にも新しい5.9「Joséphine」がリリースされました。
今回のバージョンはWordPress公式でも最も汎用性の高い最新版言っていて、今までよりも自由度がアップしているという印象です。そこで今回はどのような機能が追加されたのかご紹介します。

フルサイト編集機能

フルサイト編集は、WordPress管理画面で、サイト全体のデザインやレイアウトを編集できる機能です。これまでPHPなどでサイトのデザインやレイアウトをしてきましたが、コードを書かずにヘッダーやフッター、サイドバーなどのすべてのパーツをブロックエディタで編集することができるようになりました。
注意が必要なのは、これらのフルサイト編集機能を使うためには、フルサイト編集に対応したテーマを適用している必要があります。さらに、ブロックエディタ(Gutenberg)を使って編集をする必要があるので、クラシックエディタを利用しているという方は利用できません。
ブロックエディタに対応しているテーマは、リリースされたばかりの新しい機能ということでまだまだ少ないのですが、便利な機能なのでこれから増えてくることが期待されます。これまで慣れていたクラシックエディタを使い続けてきたという方もこれを機に、ブロックエディタに挑戦してみてもいいかもしれません。
Gutenbergについて全く知らないという方は、こちらの記事がおすすめです。シンプルにどんなことができるのかをまとめてあります。
【WordPress News】開発中の新エディタ「Gutenberg」を試してみました

新しいデフォルトテーマTwenty Twenty-Twoの登場


デフォルトテーマが新しく「Twenty Twenty-Two」なりました。このテーマでは、ブロックエディタに対応しています。フルサイト編集機能を使ってみたいという方は、まずはこのテーマで試してみてはいかがでしょうか。
配色やフォントの組み合わせ、ページテンプレートや画像フィルターなどの設定もサイトエディターから直接選ぶことができます。

遅延読み込みのパフォーマンス低下を修正

WordPressを使っていている方からよく聞く悩みの一つに「表示が遅い」をいうものがあります。今回のアップデートでは、状況によってはそんな悩みが解消するかもしれません。
実は今まではすべての画像に遅延読み込みが含まれていましたが、今回のアップデートでは1枚目の画像とiframeにについては遅延読み込みの対象外となりました。これによってファーストビューの表示が早くなるということです。

セキュリティ対策のためにもぜひWordPressのアップデートを

WordPressのアップデートでは、新しい機能の追加はもちろん、遅延読み込みについての調整のように機能の見直しや、新しく見つかったバグなどの解消もしています。もちろん、セキュリティ面でも見直しが随時行われています。
サイトを安全に運用していくという面からもWordPressのアップデートはおすすめです。ぜひ新しいWordPressを試してみてください。

WordPressをハッキングから防ぐ、今すぐできる簡単な方法

お気軽にご連絡ください
ワードプレスやWebマーケティングにおける様々な課題(集客向上、成約向上、費用削減、運営改善)をお聞かせください。
お申込み・お問合せ