顧客と自分に真剣に向き合う

お店を開いて最初の5年は集客で悩みます。

ここを乗り越えられたら次のステップに進めますが、
乗り越えられないお店は消えていきます。
実に3年で8割のお店が消えていきます。

原因を聞くと、こういう方が多いです。
・経営が分からなかった
・スタッフがダメだった
・資金がショートした
・メニューが悪かった
・場所が悪かった

どれも間違いではないのですが、真の原因は、

「集客がうまくいかなかった。」
これにつきます。

さて、儲けの簡単な公式を思い出してください。

儲け=(買ってくれた数 × 販売単価)-コストです。

毎日あふれるくらい人が集り、
買ってくれた数が多ければ儲けが大きくなります。

飲食店の場合、味が良ければ人が来るだろう、
美容系のお店の場合は、サービスがよければ人が来るだろう、、

こういう考えが根底にあるので、
「メニューを磨かないと。」
「場所をどうしよう。」
「スタッフを教育しないと。。」
といった感じで、真の原因(=集客不足)から目を背けているのです。

でも集客を行っていない訳ではありません。

チラシを配ったし、WEBサイトを作ったし、

フェイスブックをやったし、WEBクーポンも登録してるし、

フリーペーパーにも載せたし、商店会にも入ってるし、

看板だって目立つところに設置したよ。

「何をやっても効果がないから無駄だ!」

こう思われている人も多いのではないでしょうか。

そういう人に「どれだけやりましたか?」と聞くと、

1回だけというのがほとんどで、多くても3回位と言います。

チラシ2000枚を刷って、

業者に近所に配ってもらって

おしまい・・・、といった感じです。

集客はやればいいわけではありません。

業者に勧められたチラシを

1回や2回チラシを配っただけで集客ができると思っているのならば、

WEBサイトを作っただけで問い合わせが来ると思っているならば

さっさとお店を畳んで、サラリーマンに戻ることをお勧めします。

冗談で言っているのではありません。心から思っています。

では、どうすればいいのか、

難しい集客を成功させるには、

何をすればいいのか。

それは、

ガチで自分と顧客に向き合うことです。

難しいことではありません。

初恋や結婚のプロポーズと似ています。

例えば、好きな異性がいて、

どうして結婚がしたい!

と思ったとします。

あなたなら何をしますか?

相手に気に入られるようにする。もしくは、自分を磨く

この二つのどちらか、もしくは両方をしませんか?

相手に気に入られるには、相手の好みを回りの人から聞いたりします。

自分を磨くには、自分の何がダメなのか見つめなおします。

きっと真剣に取り組むと思います。

好きな度合いが大きければ大きいほど

「欲しい」という気持ちが強ければ強いほど

こういう行動が増えるはずです。

1回やってダメなら何度もトライします。

チラシを2000枚配ってダメなら

配布場所を変えたり、コピーを変えたり

色を変えたり、写真を変えたり

諦めずにチャレンジします。

大事なのは、顧客と自分に真剣で向き合うことです。

何故このお店を開いたのか、

このお店の負けない強みは何なのか、

誰に買ってほしいのか、

こういった感じで向き合います。

1回で終わらず何度も向かい続けます。

売れっ子のスポーツ選手やタレントも、

世に知れている芸術家も、

こうして日々自分と向き合ったから売れたのです。

メニューや技術を磨くだけではなく、

多くの人に喜ばれるにはどうすればいいか、

本当の自分を知ってもらうにはどうすればいいか、

真剣に向き合ったから売れたのです。

皆さんは、顧客や自分と真剣に向き合っていますか?

本気で「来てほしい」という思いをぶつけていますか?

もし、やれていないと思ったら、

お店のショルダーネームを一緒に考えましょう。

ショルダーネームを考える過程で

自分と顧客に真剣に向き合うことができます。

出来上がったショルダーネームは

様々な集客手段で使えますし

メニュー作りや、店舗デザイン、スタッフ教育にも使えます。

———————————————

売れる店舗コムのメンバーが

貴方のお店を「売れるお店」にするために

ど真剣にサポートいたします!

投稿者プロフィール

数藤圭介
数藤圭介
株式会社ネクスト・アクション代表取締役。プロデューサー/Webマーケティング戦略コンサルタント。複数の企業・団体の顧問を務める。